K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『イチローズモルト』世界が認める日本のベンチャーウイスキー。風土に根差した造りが魅力です。

K’s MENU Note

FILE 192

イチローモルト

 

たまにはマジメにお酒のことを書こうかな(笑)

 

f:id:kimama2016:20180804013740j:plain

 

イチローモルトとは?

肥土(あくと)伊知郎氏が創立したベンチャーウイスキー社のブランド。

埼玉県羽生市にある実家の造り酒屋でウイスキーを造っていました。

しかし1990年代後半に経営が傾きます。

2000年に伊知郎氏が引き継ぎますが、2004年に蒸留所を売却。

原酒を福島県の笹の川酒造に預かってもらい、同年にベンチャーウイスキー社を設立。

2005年5月からボトリングを開始。

羽生蒸留所の原酒をもとに、イチローモルトが誕生します。

2007年に新たに秩父蒸留所を建設。

 

秩父蒸留所の特徴。

スコッチの造り方を踏襲した小規模な蒸留所。

特徴としては、

  • ほとんどの工程が手作業。熟成樽の製造から、ボトリング、ラベル貼りまで全ての作業を蒸留所内で行う。
  • 発酵槽にはミズナラを使用。ミズナラは日本産のオーク材で、熟成用の樽に使われるが、発酵槽に使うのは珍しい。
  • 100%秩父産に挑戦。原料の大麦は地元農家に栽培を依頼。麦芽も自社で製造。今後は秩父産のミズナラやピートの使用にも挑戦するらしい。

 

今回の一本は…。

イチローモルトには…、

トランプの絵柄を模した「カードシリーズ」

ミズナラの葉を形どった「リーフシリーズ」

シングルモルト秩父シリーズ」

などのラインナップがあります。

 

今回紹介するのは「リーフシリーズ」モルト&グレーン、ホワイトラベル。

いわゆるブレンデッドウイスキーですね。

 

アルコール度数46%。

自然の状態にこだわっていて、ノンチルフィルタード(冷却ろ過無し)、ノンカラー(無着色)で出荷されています。

 

f:id:kimama2016:20180804013809j:plain

f:id:kimama2016:20180804013828j:plain

 

テイスティングして見ます。

ノンカラーらしく、お酒は薄めの黄褐色。

 

ストレートで。

軽くてドライ、クリアな酒質。

甘みもあるが、大人しい甘さ。

余韻は短く、後味もすっきり。

深みや奥行はあまり感じない。

 

トワイスアップで。

アルコールに隠れていた穀物感や、微かな果実感が現れる。

フワッとした軽い飲み口。優しい口当たり。

しっとりとして落ち着いた旨み。

身体にすぅーと染み入るような、優しさを感じる。

 

バーボンやスコッチを飲んで感じる異質感(良い意味での)は皆無である。

もちろんアイリッシュやカナディアンのライトでクリアな感じとも異なる。

国内産のウイスキーで、日本人の身体にフィットするのだろうか?

なにか懐かしいような、郷愁をそそられるような、不思議な感覚のあるウイスキーでした。

 

というわけで、今回は小ネタもオチもありません。 

  

本日もお読み頂き、ありがとうございます。