K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『アイリーク』蒸留所不詳のアイラモルト。リーズナブルだが、その味わいは?

K’s MENU Note

FILE 202

『ILEACH』

 

8月が終わって…、秋が近づいてきました。

今年の夏は暑かった。

災害レベルの猛暑でした。

 

暑さには比較的強い(と思っている)自分ですが、ここにきて夏バテ気味。

頭痛、体の節々の痛み、倦怠感、併せておなかの調子もよくない。

今年の暑さが異常なのか?

それとも身体の衰えが原因か?

どちらにせよ、ちょっと辛い状態です。

 

8月が暇だったのは、この暑さのせい?

「みんな体調を崩して、飲みに来られないのだろうな。」

そんな妄想とも現実とも知れない考えが頭をよぎります。

 

こんなモヤモヤ感は「スモーキーなアイラモルト」で吹っ飛ばそう。  

 「アイリーク」(「イーラッハ」との表記も)

f:id:kimama2016:20180801101158j:plain

f:id:kimama2016:20180801101213j:plain

ザ・ハイランズ&スコッチ・カンパニーがリリースしたアイラモルト

蒸留所名は明かされていません。

ラフロイグか、若いラガヴーリン? なんて言われます。

アルコール度数は40%。

価格は楽天の最安値帯で、税込み2,300円台。

これで美味しければ、リーズナブルで嬉しいかぎり。

さて、どんな味なのか?

 

テイスティングして見ます。

強烈な香り。

スモーキーと言うより、焼けたゴム感が強い。

アードベッグに近いが、繊細さは無く、直線的でのっぺりした香り。

ラフロイグの様な薬品香も無い

 

味わいはしっとり。

香りに比べると、大人しい

アイラらしい乾いた感じや繊細さは無い。

そして余韻は短い。

アードベッグは一滴口に垂らしただけで、暫しその余韻に浸れます。

 

加水すると隠れていたスモーキーさが現れる。

 

・・・・・

 

「アイラモルト=クセが強い」

その部分だけをひたすら強調したようなウイスキー

とってつけたような強烈な香り。

それをもってアイラらしさと言うならば…。

それは違うだろ~。(このハゲ~。…失礼)

 

う~ん、残念ながらこのウイスキーは、

自分的には「なんちゃってアイラ」にしか思えない。

いくらリーズナブルでも、これはいただけない。

 

しょうがない、自分で飲み干すか。

いかん、一層モヤモヤしてきた…。

 

ここはひとつ…、

 

秘書に八つ当たりしてスッキリするか。

 

 

また、微妙にネタが古いな…。

夏バテ気味ということでお許しを。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。