K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『オールド・グランダッド』 ”偉大なるおじいちゃん” と名付けられた、バーボン。その味わいは?

K’s MENU Note

FILE 207

『OLD GRAND-DAD』

 

今日は敬老の日

子供の頃から、

「おじいちゃん、おばあちゃんに感謝し、敬意を表する」

そんな日でした。

 

時は流れ、気が付くと…。

 

感謝される側に近づいてきているではないか(汗)

 

 

それでも人生100年とも言われる時代を生きていて、

まだまだ、これから。

できる限り、悪あがきをしてやろうと思ってます(笑)

 

 

さて、今回は「偉大なるおじいちゃん」

と名付けられた渋いバーボンを紹介します。

 

「オールド・グランダッド  ボンデッド」

 f:id:kimama2016:20180427004042j:plain

f:id:kimama2016:20180427005259j:plain

 

どんなお酒か?

1796年、ベーシル・ヘイデン氏ケンタッキー州ウイスキー造りを始めます。

その後、事業を受け継いだヘイデン氏の孫が、祖父に敬意を払い、

自社のウイスキー「偉大なるおじいちゃん」と名付けました。

ラベルにある男性は、ヘイデン氏の肖像画でしょうか?

 

「ボンデッド」とは…

「ボトルド・イン・ボンド法」(今は廃止)で造られたウイスキーのこと。

単一蒸留所で同じ年に蒸留された原酒のみを、最低4年間熟成。

その後、100プルーフ(50度)で瓶詰めします。

 

現在はジム・ビーム社で造られていますが…、

どうやら昔のままの製造方法が受け継がれているようです。

 

テイスティングして見ます。

香ばしい強めの香り。

ピリッと来る香味のインパクトが強い。

後から甘みが追いかけてくる。

最初のインパクトは強いが、しばらく舌で転がしていると、穏やかな味わいに変化し、アフターはすっと消えていく。

チェイサーで口の中をリフレッシュさせながら飲むと、最初の刺激も柔らかく感じられる。

力強さも感じるが、それ以上に柔らかい甘みや円やかさを感じた一本です。

 

 ・・・・・

 

人生100年、まさに長寿の時代。

それでも限りあるのが人の一生。

だからこそ価値がある。

残りの人生をよく生きるためにも、

できるだけ健康でいたいものです。

間違っても「生ける屍」にはなりたくない…。

 

生ける屍…?

つまり…

「ボンデッド」にはなりたくない。

 

ん?

あぁ、間違えた。

「アンデッド」だ…。

 

敬老の日になんてことを…。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。