K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ばくれん』「くどき上手」でお馴染みの蔵。5代目の挑戦が生み出した、超辛口の一本。

K’s MENU Note

山形『ばくれん 吟醸 超辛口』

 

39の都道府県で非常事態宣言が解除された。

東京都はまだだが、新規感染者数は目に見えて減っている。

そこで新しい生活様式をベースに「飲み屋のあるべき姿」を模索しているのだが…

新しい画期的な仕組みは思い浮かばない。

再開するにしても難しいかじ取りを強いられそうだ。

 

今回はこちらの日本酒を。  

f:id:kimama2016:20200509101220j:plain

造るのは、山形県鶴岡市にある亀の井酒造(株)

代表銘柄は「ぐどき上手」

創業は1875年、現在の社長は5代目になる。

蔵の特徴は…。

  • すべての商品の精米歩合の平均が50%以下。
  • 200坪以上の巨大な冷蔵庫で貯蔵し、フレッシュさを保持。
  • 10種類を越える個性的な酒米を使って酒造り。 …など。

f:id:kimama2016:20200509101239j:plain

今回の一本は、5代目社長のチャレンジ精神が生み出したお酒。

美山錦を55%まで精白。

アルコール度数18~19度。

日本酒度+20、酸度1.0、超辛口の吟醸酒だ。

f:id:kimama2016:20200509101255j:plain

テイスティング

軽やかな吟香が立つ。

口に含むと、果実系のフルーティーなテイスト。

独特の苦みがアクセントですっきり飲める。

辛いといえば辛いが、どちらかと言えばすっきり感が際立つ。

アフターに辛さと苦みの余韻が残る。

常温に戻ると、若干苦みが増す印象。

 

軽く温めると、米の香り、旨みが広がる。

苦みが薄れて、すこしまろやかに。

ぬる燗も意外と悪くないな。 

それでも冷のほうが飲みやすいだろう。

f:id:kimama2016:20200509101309j:plain

過去の「くどき上手」関連記事。

kimama2016.hatenablog.jp

kimama2016.hatenablog.jp

・・・・・

いろいろ考えて出た結論は…

「様子見」(笑)

って、それでいいのか!?

だって、やってみないと分からないんだもん。

 

とりあえず入店の人数を制限して営業しよう。

いずれはワクチンができて…

って、それを期待してるのか!?

 

まぁ、完全には元に戻らないだろうが、それなりに戻る、かな。

それまで経営的に耐えられるかどうかだ。

だから早く10万円下さい。

アベノマスクはいりません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

☆【日本酒】赤ばくれん 吟醸 超辛口 1800ml
価格:2310円(税込、送料別) (2020/5/27時点)