K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

カクテル・スピリッツ

『キッス・イン・ザ・ダーク』意味深なネーミングの大人カクテル。その味わいは…。

K’s MENU Note 『Kiss in the Dark』 「水の都」ベネチアが高潮で水没している。 www.asahi.com たびたび水没する街だが、今回は記録的な高潮が発生してるらしい。 とても心配である。 死ぬまでに一度は行ってみたい場所。 中学生の時「リトルロマンス」なる…

『マタドール』「闘牛士」を意味するカクテル。テキーラベースで爽やかなテイスト。

K’s MENU Note 『MATADOR』 立冬を過ぎた。 暦の上では冬だが、季節は秋。 日中は清々しい日が多い。 そしてランニングにもよい季節になった。 少しずつ走り始めているが、いまいちテンションが上がらない。 そもそもランニングのモチベーションは何処にある…

『エル・ディアブロ』悪魔を意味するカクテルだが、そのテイストは意外にも…。

K’s MENU Note 『EL DIABLO』 ハロウィーンが終わった。 今年も渋谷は荒れたようだ。 楽しむのはいいが、人に迷惑をかけてはダメだ。 何かいい解決策はないものか? ただ規制したところで解決する問題でもないし。 悩ましいことだ。 そして、この2日間でやた…

『ミリオン・ダラー』「100万ドル」の名を持つカクテル。昔から人気の一杯だが…。

K’s MENU Note 『Million Dollar』 消費税増税まで1週間を切った。 ここに来て、やたらと営業の電話がかかってくる。 やれ、新しいレジを買えだの、ナントカpayを導入しろだの…、 うるさくてしょうがない。 予約の電話かも知れないので一応出るが、営業だと…

『アラウンド・ザ・ワールド』「世界一周」というネーミングの、爽やかなカクテル。

K’s MENU Note 『Around the World』 ラグビーのワールドカップが開幕した(らしい)。 気づいたらシレッ~と始まっていた感じだ。 イマイチ、盛り上がりに欠けている。 五郎丸が活躍していた頃の方が、盛り上がっていた。 私に興味が無いからだろうか? そう…

『アラスカ』キリっとした味が「アラスカ」を彷彿させるカクテル、のハズだが…。

K’s MENU Note 『ALASKA』 暑い。 9月に入っても残暑が厳しい。 厨房はさらに暑い。 それだけで体力を削がれる。 夏の間だけ、涼しい所に移住したい。 アラスカなんて、良さそうだが…。 ・・・・・ 「アラスカ」とネーミングされたカクテルがある。 【スタン…

『レッド・アイ』飲みすぎた翌朝の「赤い目」を表現したと言われるカクテル。

K’s MENU Note 『RED EYE』 50代も半ばになった。 最近、身体が錆びついてきたと感じる。 関節や筋肉の動きが、日に日に鈍くなる。 これはイカンぞ。 抗酸化作用の強いものを食べないと。 できれば酒を飲んで、錆びつきを防ぎたいが…。 そんな目的で飲むのは…

『メキシカン』テキーラにパインジュース。相性抜群のショートカクテル。

K’s MENU Note 『MEXICAN』 先日、お店で「タコライス」の話題になった。 常連M氏「タコライスって、最初はタコが入ってるのかと思ったよ」 マスター「そういう人、結構いたみたいですね」 常連M氏「そもそも『タコス・ライス』でしょ。なんで『ス』を取った…

『 X.Y.Z. 』 これ以上のものは無い、最高のカクテル。 はたしてそのお味は?

K’s MENU Note 『X.Y.Z.』 最近、考えていることがある。 酒ブログを始めて2年半ほど。 おかげさまで、日々そこそこのアクセス数がある。 そこで「グーグル・アドセンス」でもやってみようかな、と。 そのためには「独自ドメイン」なるものが必要らしい。 ド…

『ドックズ・ノーズ』飼い犬が鼻を離さなかったと言われるカクテル。そのテイストは?

K’s MENU Note 『Dog's Nose』 世間はお盆休みである。 私は休みを取らずに営業を続ける。 なぜなら、8月は暇なのである。 「2,8は厳しい」とよく言われるが、まさにその通り。 7月までとはうって変わって、閑古鳥が鳴いている。 少しでも稼がないと乗り切れ…

『ロング・アイランド・アイスティー』紅茶を使わず、紅茶のビジュアルとテイストを実現。

K’s MENU Note 『Long Island Ice Tea』 あぁ暑い。 今日も暑い。 きっと明日も明後日も暑いのだろう。 せめて夏らしいカクテルを飲んで気を紛らわせたい。 「ロング・アイランド・アイスティー」 紅茶を一切使わずに、味と見た目を紅茶っぽく仕上げたカクテ…

『ハンター』ちょっと妖しい雰囲気が漂う一杯。これは「レディーキラー」カクテル!?

K’s MENU Note 『HUNTER』 今年の雑草は手ごわい。 適度に涼しくて雨が多いせいだろうか? いつにも増して元気がいい。 困ったものだ。 草むしりをしていると蚊が寄ってくる。 防御はしているが、顔の前を飛び回られると気になってしょうがない。 手で追い払…

『スプモーニ』イタリア生まれの爽やかなロングカクテル。赤橙色が美しい。

K’s MENU Note 『SPUMONI』 ジャニー喜多川氏が亡くなった。 カリスマの死去は、事務所にどんな影響があるのだろう。 私にはよくわからないが、ご冥福をお祈りします。 さて、今回はイタリア生まれのロングカクテル「スプモーニ」。 イタリア語の「Spumare(…

『シンガポール・スリング』シンガポールの夕陽を表現した、トロピカルなカクテル。

K’s MENU Note 『SINGAPORE SLING』 カクテルの名前には地名がつくものがある。 もっとも有名なのはマンハッタン。 それからニューヨークやシカゴ、ブロンクス、アラスカなど…。 ブルーハワイにカリフォルニアレモネード…。 アメリカ生まれのカクテルが多い…

『アドニス』ドライシェリーにベルモットの甘みをプラスした、バランスの良い食前酒。

K’s MENU Note 『ADONIS』 シェリーつながりでカクテルをもう一品。 「バンブー」のベルモットをドライからスイートに変えたもの。 【スタンダードな処方】 ドライシェリー 2/3 スイートベルモット 1/3 オレンジビターズ 1dash ステアしてカクテルグラスに注…

『バンブー』その名も「竹」。日本をイメージして作られたカクテルは、食前酒に最適。

K’s MENU Note 『BAMBOO』 前回、前々回と、シェリー酒を紹介した。 その流れで、今回はシェリーを使ったカクテルを。 一番メジャーなのがこちら。 「バンブー」 【スタンダードな処方】 ドライシェリー 2/3 ドライベルモット 1/3 オレンジビターズ 1dash ス…

『オールド ファッションド』古典的スタイルのカクテルながら、新たな変化も楽しめます。

K’s MENU Note 『OLD FASHIONED』 時代が変わった。 それに便乗して、私もいろいろ変えたい。 最近のテーマは「チェンジ」。 着るもの、食べるもの、飲むもの、生活空間、働き方…。 凝り固まったルーティーンを解きほぐして、日常生活に新風を吹き込みたい。…

『オールド・パル』「古きよき仲間」と共に味わいたい、歴史のあるカクテルです。

K’s MENU Note 『OLD PAL』 先日(と言っても2月だが…。このあたりの感覚は年を重ねるほどズレていく…。) 年一回恒例となっている、高校の友人との飲み会があった。 高1の時に同じクラスだった仲間。 もう40年近く前になる。 メンバーは全部で6人。 近年はみ…

『ウォッカ』ロシアなどで造られる、無味無臭の蒸留酒。カクテルベースに重宝します。

K’s MENU Note 『VODKA』 桜花賞を前に「ウオッカ号、死亡」のニュースが。 news.netkeiba.com 牝馬として、東京優駿(日本ダービー)を64年ぶりに勝った名馬。 GⅠ7勝。引退後はアイルランドで繁殖馬として暮らしていたが…。 先日、病気により、15歳でその生…

『ギムレット』ジンベースのスタンダード・カクテル。私にとって「ギムレット」と言えば…。

K’s MENU Note 『GIMLET』 春、新たな始まりの季節。 そんな中、悩める常連Aさんは…。 kimama2016.hatenablog.jp ついに退職を決意したとのこと。 2~3年前から悩んでいた。 精神的にも体力的にも参ってる様子が伺えた。 いいと思う。 今年、40歳。 先も長い…

『ホット・ウイスキー・トディ』寒い日に飲みたいホットカクテル。癒されたい人におすすめです。

K’s MENU Note 『Hot Whisky Toddy 』 アラフォー女子の常連Cさん。 「癒し系になりたい」とのこと。 周りの反応は…。 「今さら!?」 …だよなぁ~。 どちらかと言えば、もって生まれたもの。 テクニックで癒し系になるってのも如何なものかと…。 それでも周…

『スティンガー』ペパーミントの爽やかさと、ブランデーの鋭さが刺激的なカクテル、だが…。

K’s MENU Note カクテル『STINGER』 私は、モノを捨てられない人間だ。 「いつか使うかも」と思ってとって置く。 そして、モノを置くスペースがどんどん狭まる。 溢れたモノを、ついダイニングテーブルの上に置く。 当然「片付けろ」と言われる。 しかし、片…

『ジン・トニック』爽やかな風味が魅力の一杯。「カクテル言葉」にこんな意味が…。

K’s MENU Note 『GIN TONIC』 今年40歳になる常連Aさん(シングル男性)が問いかける。 「俺、まだ、大丈夫ですかねぇ?」 ??? 何が「大丈夫」なのだろうか? 人間としてなのか? それとも、男としてなのか? ・・・・・ 40代…。 振り返って思うのは、 「…

『ホワイト・レディ』「白い貴婦人」の名のカクテル。連想するのは「雪」、そして…。

K’s MENU Note カクテル『White Lady』 あぁ、寒い。 雪、降るのだろうか? 東京は大雪注意報が出ているようだ。 今月はお客様が少ないなぁ。 雪が降ると、今夜も微妙だな~。 せめて「雪」を連想させるカクテルの記事を書くか…。 「ホワイトレディ」 「冬」…

『キール』世界的に有名なワイン・ベースのカクテル。美しいルビー色が魅力です。

K’s MENU Note カクテル『キール(Kir)』 2月は「FEBRUARY」。 フェブラリーと言えば…。 「フェブラリーステークス」 17日に行われる、今年最初のGⅠレース。 そのレースにJRAの女性騎手、藤田菜七子さんが騎乗するとのこと。 2016年にデビューした、弱冠21…

『ピンク・レディ』卵白を使ったクリーミーなカクテル。ピンク色が美しいが…。

K’s MENU Note カクテル『ピンク・レディ』 節分、そして立春が過ぎた。 まさに「季節を分ける」が如く、暖かい立春だった。 春はすぐそこまで来ている。 とは言え、2月はまだ始まったばかり。 2月はねぇ。飲み屋は毎年、厳しい。 一般に「2、8月」はダメっ…

『サイドカー』ブランデーベースの代表的なカクテル。甘味と酸味のバランスが…、難しい。

K’s MENU Note 『SIDECAR』 前回「漬け込みブランデー」について書いた。 その流れで、今回はブランデーベースのカクテルを。 「サイドカー」 ブランデーベースの代表的ショートカクテル。 【スタンダードな処方】 ブランデー 30ml コアントロー 15ml レモン…

『ブランデー・スプリッツアー』果実感あふれるカクテル。大人の女性に似合いそうです。

K’s MENU Note 『BRANDY SPRITZER』 店では色々な種類のお酒を置いている。 よく出るもの、あまり出ないものなど様々だ。 その中で「売りづらいなぁ」と感じるのが「ブランデー」である。 何種類か置いているが、まぁ、滅多に出ない。 「何かアピールできる…

『テキーラ・トニック(テコニック)』爽やかなロングカクテル。テキーラのルーツも少々。

K’s MENU Note 『TEQUILA TONIC』 先日「The 世界遺産」なるTV番組で、 メキシコの「テキーラ村」が取り上げられていた。 全てをちゃんと見たわけではないが…、 その中で「テキーラのルーツ」について触れる場面があった。 ・・・・・ 旧くメキシコには、先…

『マイヤーズ・ラム』ダーク・ラムの代名詞とも言われる、ジャマイカ産のヘビーな一本。

K’s MENU Note 『MYERS'S RUM』 ドラマ『獣になれない私たち』を見ている。 今週の第4話では…。(ネタバレ注) 酒の勢いもあってか、馬鹿になってしがらみを振り払おうとする新垣結衣さん。 行きつけのBARの常連、松田龍平さんと一夜を過ごすつもりで、彼の…