K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ラフロイグ10年』「アイラの王者」と称される一本。

私は40歳を過ぎてから「アイラ」を体験した。

そのスモーキー香に衝撃を受け、鮮明な記憶として刻まれた。

となると、アイラに嵌っていくのは火を見るより明らかである。 

 

ボウモアが「アイラの女王」ならば、ラフロイグアイラの王者

個性派揃いのアイラの中でも、際立った刺激のあるWhisky。

f:id:kimama2016:20210115105114j:plain

創業は1815年。

チャールズ皇太子御用達の蒸留所としても有名。

フロアモルティングをはじめ、昔のままの製造方法を守っている蒸留所だ。

f:id:kimama2016:20210115105220j:plain

スモーキーフレーバーもさることながら、特筆すべきはその薬品香

消毒薬のような独特の香りがある。

 

麦芽の乾燥には海藻を含んだピート。

仕込み水にはそのピートが溶け込む。

それが独特のフレーバーの源だ。

 

好き嫌いのはっきり分かれるお酒。

これに嵌ったら、もうアイラから抜け出せないだろう。 

f:id:kimama2016:20210115105143j:plain

ラフロイグには現行品で(この当時) 

10年、18年、クォーターカスク、セレクトカスク、トリプルウッドなどがある。

今店にあるのは、10年の旧ラベル。

 

BARのマスターに言われたように、初心者には「クセ者ですよ」と伝えている。

「それでも飲もう!」という勇気のある方には、喜んでお出しする。

結果は自己責任ということで(笑)

 

マニアの誕生を期待して止まない。