K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『アードベッグ』焼けたゴムの香りが特徴。繊細で複雑なアイラモルト。

Kimama MENU Note

FILE 3

ARDBEG10』

 

アイラモルトの流れで、次はアードベッグ10年」です。

前述のボウモアラフロイグとも、

サントリーの子会社「ビーム サントリー」社が所有しています。

よって、近所のスーパーなどでも目にすることが多くなりました。

(その分、商品価値が下がってる気がする。サントリーらしく、値段は上げてるが。)

アードベッグは全然一般的になっていない(笑)

そこがいいですね。 

 

f:id:kimama2016:20180413084504j:plain

 

どんなお酒か?

アイラ島南部の海沿い、小さな岬に1815年に設立。

アードベッグ」の名は、ゲール語「小さい岬」の意味。

立地がそのまま名前になってます。

 

80年代に閉鎖を余儀なくされますが、

1997年、グレンモーレンジ社の買収により蘇ります。

生産量はアイラ島の中でも少ないほう。

75%が自社製品用、25%がブレンド用です。

 

アードベッグの特徴は?

他のモルトと比べると、お酒の色が薄いのです。

そこからあの強烈なインパクトがある味わいが想像できない。

見た目と中身のギャップ、これも一つの特徴でしょう。

 

スモーキーフレーバーはアイラモルトの中でも強い方。

それ以上に感じるのは、「焼けたゴム感」です。

これはけっして悪い意味ではなく、香味のひとつの表現だとご理解ください。

 

また「ノン・チルフィルタード」といって、冷却濾過を行っていません。

よって、様々な成分が残っている状態でボトリングされています。

そのため、より複雑な香り、豊かな味わいになるといわれます。

アルコール度数は46度。

 

f:id:kimama2016:20180413084615j:plain

 

アードベッグにも色々な種類がありますが、スタンダードな10年物を置いています。

ファンが多いモルトのひとつですね。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。