K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『アードベッグ10年』焼けたゴム香が特徴のモルト。

アイラの流れで記事を綴る。

今回はARDBEG

前出のボウモアラフロイグとも、サントリーの子会社が所有している。

よって、近所のスーパーなどでも目にすることが多くなった。

(その分、商品価値が下がってる気がする。値段は上がってるが…)

このARDBEGはWhiskyファン以外には、全くもってマイナーな存在である。

そこがいいのだ。  

f:id:kimama2016:20210115105742j:plain

アイラ島南部の海沿いの小さな岬に1815年に設立された蒸留所。

ARDBEG」の名はゲール語小さい岬の意味。

立地がそのまま名前になっている。

 

80年代に閉鎖を余儀なくされる。

しかし1997年、グレンモーレンジ社の買収により蘇る。

生産量はアイラ島の中でも少ない。

75%が自社用、25%がブレンド用。

f:id:kimama2016:20210115105811j:plain

他の製品と比べると酒の色が薄い

強烈な刺激のある味わいとのギャップが凄くて驚く。

 

スモーキーフレーバーは強いほう。

それ以上に感じるのは焼けたゴム感。

これは悪い意味ではなく、香味のひとつの表現だとご理解頂きたい。

 

また「ノン・チルフィルタード」といって、冷却濾過を行っていない。

様々な成分が残っている状態で瓶詰めされるので、複雑な香り、豊かな味わいになる。

アルコール度数は46度。 

f:id:kimama2016:20210115105836j:plain

アードベッグにも色々な種類があるが、スタンダードな10年物を置いている。

ファンが多いMaltのひとつである。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アードベッグ (ア−ドベック) 10年 46度 箱付 700ml 並行
価格:5610円(税込、送料別) (2022/5/7時点)