K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『グレンフィディック12年』世界で一番人気のモルト。

今回はスペイサイドのお酒を紹介する。

「スペイサイド」とはスコットランド北西部、スペイ川流域のこと。

全体の約半数、およそ50の蒸留所があるスコッチの聖地。

この地域のWhiskyは、華やかな香り、風味が特徴

初心者の方に薦めやすい銘柄が多い。

 

その中で、今回は「世界で一番売れているSingle Malt」といわれる

「Glenfiddich12y 」だ。

f:id:kimama2016:20180414101531j:plain

サントリーが輸入元になっているので、スーパーなどで見かけることも。

独特の三角形のボトルが特徴的。

 

創業は1877年。ウィリアム・グラント氏によって開設。

1963年、世界で初めて「Single Malt」として販売したのもこの蒸留所。

 

今回の一本は「12年ヴィンテージ」。

その味わいは洋梨を思わせる、とてもフルーティなもの。

初めてMlatを飲まれる方におすすめしたい。

 

そしてSingle Maltにしては比較的リーズナブル。

お店でも販売しやすく、貴重なアイテムとなっている。

f:id:kimama2016:20180414101941j:plain

 お店でのエピソード。

このお酒は常連TR氏のお気に入りで、必ず最後に飲む。

すると、どんなに飲み過ぎても翌日スッキリと目覚めるらしい。

「俺はGlenfiddichに守られている!」

と豪語しているが、その真相は不明。

しかしそういった思い込み?も大事なのかも知れない。

 

ちなみにGLENはゲール語で「谷」、FIDDICHは「鹿」、

つまり「鹿の谷」の意味だ。

 

※ボトルデザインが変わっている。