K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『グレンフィディック』洋梨を彷彿させるフルーティーな味わい。人気No.1のシングルモルト。

Kimama MENU Note

FILE 4

『GLEN FIDDICH 12』

 

アイラモルトばかり紹介してきたので、今回はスペイサイドのお酒を紹介します。

 

「スペイサイド」とは。

スコットランド北西部、スペイ川流域のことを指します。

全体の約半数、およそ50の蒸留所があるスコッチの聖地。

この地域のウイスキーは、華やかな香り、風味が特徴

初心者の方に薦めやすい銘柄が多いですね。

 

その中で、今回は「世界で一番売れているシングルモルト」といわれる

グレンフィディック12年 」を紹介します。

f:id:kimama2016:20180414101531j:plain

どんなお酒か?

サントリーが輸入元になっているので、スーパーなどでも見かけます。

独特の三角形のボトルが特徴的。

 

創業は1877年。ウィリアム・グラント氏によって開設。

1963年、世界で初めて「シングルモルト」として販売したのもこの蒸留所です。

 

今回、紹介するのは「12年熟成」。

その味わいは洋梨を思わせる、とてもフルーティーなもの。

初めてシングルモルトを飲まれる方におすすめすることが多いですね。

 

そしてシングルモルトとしてはリーズナブルな価格で購入可能。

お店でも販売しやすく、貴重なアイテムとなっています。

f:id:kimama2016:20180414101941j:plain

 お店でのエピソード。

このお酒は常連Tさんのお気に入りで、必ず最後にロックで飲みます。

最後に飲むと、どんなに飲み過ぎていても翌日スッキリと目覚めるらしい。

「俺はグレンフィディックに守られている!」

と豪語してますが、その真意のほどは不明。

でもそういった思い込み?も大事なのかも知れませんね。

 

自分がスッキリするため最後に飲むとしたら…、

やっぱり水ですね(笑)

 

ちなみにGLENはゲール語で「谷」、FIDDICHは「鹿」、

つまり「鹿の谷」を意味します。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。