K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ザ・マッカラン』シングルモルトのロールスロイス。

今回は「Single Maltのロールスロイス」とも称される

ザ・マッカラン12年

f:id:kimama2016:20180416081656j:plain

サントリーが輸入元で、スーパーでも見かけるようになった。(この当時)

それはそれで時代の流れなのかもしれないが…

残念ながら商品価値を下げてしまっている気がしてならない。

 

銘酒と言われた日本酒や、季節限定の焼酎なども同様。

製造元や問屋の方針だろうが「いかがなものか」と感じざるを得ない。

 

・・・・・

 

失礼。話が逸れた。

 

マッカランといって一番イメージされるのはシェリー樽熟成

シェリー樽で熟成すると…

赤みがかった濃い色合いになり、甘美な味わい、濃厚な酒質になる。

 

シェリー樽フィニッシュ(後熟)」はよく見かける。

しかしオールシェリー樽熟成は滅多にない。

「ザ・マッカラン12年」は、数少ない中のひとつ。

(実際は100%ではないようだが…。)

f:id:kimama2016:20180416082454j:plain

マッカランにも色々な種類がある。

「ファインオークシリーズ」や、最近では「ダブルカスクシリーズ」が発売された。

熟成年数も色々あるが、店ではスタンダードな12年物を置いている。

 

 

(2018.4.16. 追記)

マッカラン12年も最近価格が高騰して、入手しづらくなってきた。

需要増の影響か?

シェリー樽の不足か?

マッカランではシェリー酒の製造者に、自前で樽を供給しているが…。)

 

「ファインオーク」や「ダブルカスク」に比べて、オールシェリー12年の価格が高い。

やはり「シェリー樽」の影響だろうか?

 

ニューボトルの記事はこちら。

kimama2016.hatenablog.jp

 

※追記:ここまで高騰している。