K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『大和桜』無骨な名前の芋焼酎だが、その味わいは意外に繊細で…。女子にもおすすめです。

K’s MENU Note

FILE 24

芋焼酎『大和桜

 

いったい何が起こったのか?

ちょっと前に本格焼酎は売れなくなってきた」と書いた途端に

「焼酎ブームの再来か!?」と思うほど、本格焼酎のオーダーが激増してます。

それもボトルではなく、単品でオーダーが来ます。

 

今日もいろいろな焼酎がでました。

そんな中から、一品紹介します。

芋焼酎「大和桜」です。 

f:id:kimama2016:20170429013028j:plain

造るのは、鹿児島県の大和桜酒造さん。

江戸末期に創業して以来、手造りにこだわっている蔵です。

また、全量「かめ壺仕込み」で造られています。

 

名前から想像するのは…、

重厚でどっしりしたインパクトの強い焼酎。

でも実際はとっても優しい味わいの芋焼酎なのです。

白麹でライトな酒質、芋の香りも控えめで、スッキリ飲めます。

 

・・・・・

 

お店での1シーン。

初来店ぽいカップル(20代前半?)が来られて、カウンター席へ。

そして女性の方が注文したのがこちらの焼酎。

(男性は「赤兎馬」を飲んでました)

 

いいですね~。

若い女性がカウンターで芋焼酎を飲む。

それも「大和桜」なんて、カッコイイじゃありませんか!

ひとりで来店なら、なお良かったが…(冗談です)

 

 

これからも「焼酎女子」増えると嬉しいですね。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。