K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ニューヨーク』摩天楼を彷彿とさせるカクテル。

お初の店では無難な注文が多くなる。

ある夜のこと。

初来店の男性が…

「ここのメニュー、注文出来る?」

見るとショートカクテルのページ。

断る理由もないので「大丈夫ですよ」と告げると

「ニューヨークを下さい。」

 

これは初めてのパターンだ。

BARではない普通の飲み屋で、初来店でショートカクテルを注文する。

しかも、それほどメジャーではない「ニューヨーク」

こういう意外性は実にうれしい。

 

ニューヨークとは?

【スタンダードな処方】

  • Whisky     45ml
  • Lime Juice     15ml
  • Grenadine Syrup     1/2tsp
  • Sugar     1tsp
  • (Orange Peel)

シェークしてカクテルグラスに注ぐ。

ウチの店では砂糖は使わず、Grenadine Syrupを1tspにしている。

f:id:kimama2016:20201102212700j:plain

以前「ダイキリ」で紹介した、スピリッツ 3 : 1 果汁 の黄金率。

甘みを補うためグレナデンを加える。

(ザクロのシロップだが、最近のものはベリー系らしい。)

f:id:kimama2016:20201102212720j:plain

使うWhiskyは様々だが…

名前からし「バーボン」が一般的。

今回はライ麦が主原料の「ジム・ビーム  ライ」を使用。

f:id:kimama2016:20181127082057j:plain

※画像は旧ボトル。

 

そして、カクテルはも重要。

このカクテルはオレンジがかったピンク色が美しい。

「ニューヨークの高層ビルの合間から昇る朝日」を連想させる。

f:id:kimama2016:20201102212801j:plain

が、ウチの店だと「片田舎の飲み屋で、いか下足とともに」なんてことになる。

画にはならないが、それでいい。

その意外性を大事にしたいのだ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジム ビーム ライ 40度 箱なし 700ml shibazaki_JBR
価格:1445円(税込、送料別) (2022/5/19時点)