K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ホワイト・ホース12年』日本市場向けの限定品。

昨夜遅く、常連のA嬢が来店。

謎の多い方で、出身は北海道。歳は私と同年代。

仕事は推察するに、医療系ではないかと。

しかし個人的なことを詮索するのはタブー。

これ以上根掘り葉掘り聞くことはしない。

 

そのA嬢、趣味は「P」。

勝ったときはご馳走してくれる。

今夜も一杯頂いた。それがこちら。

ブレンデッド・スコッチ「ホワイト・ホース」

f:id:kimama2016:20180510004424j:plain

その中で、日本市場専用に開発されたプレミアム品。

12年以上熟成されたMaltをブレンドしている。

 

・・・・・

 

Whiskyを飲み始めた当初は…

「ブレンデッド」をやや低く見ていた。

(今はそんなことはない)

でもWhiskyに対する知見が深まるにつれ…

「ブレンデッド」の良さが分かって来た。

 

シングルモルトと比べると、まず値段が安い。

シングルモルトは高価で味も直球。

飲む側もちょっと構えて、五感をフル稼働させて味わう。

ひとりきりでイマジネーションを働かせながら、その世界にどっぷりと浸かり込む。

 

一方「ブレンデッド」は廉価で、肩の力を抜いて気軽に飲める。

水割りにしても味がよく伸びて美味しい。

毎日でも飲める。

ひととコミュニケーションをはかりながら飲むこともできる。

 

それぞれ個性があるので、TPOに応じてうまく使い分ければ良いだろう。

 

 

またシングルモルトを知っていると、「ブレンデッド」にもうひとつの楽しみが。

「ブレンデッド」は数十種類のMalt、グレーンをブレンドして作るので…、

ブレンドされているMaltの味を探しながら飲む」だ。

f:id:kimama2016:20180510004534j:plain

ちなみにこのホワイトホース12年は…、

個性の強いアイラの「ラガヴーリン」がメインMalt

そのスモーキーで重厚な味わいが見え隠れする。

 

さまざまな魅力のあるWhisky。

その世界はまだまだ深く、探求のしがいがある。

これからもその深みにどっぷりとハマっていきたいのだ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホワイトホース 12年 40度 箱なし 700ml 正規
価格:1874円(税込、送料別) (2022/1/8時点)