K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『シングルモルト 白州』「森香る」ウイスキー。

「森香るWhisky」と称される白州。

豊かな自然の中で仕込まれる一本。

爽やかなイメージからか。

女性の方がHigh Ballで飲むことが多い銘柄だ。

f:id:kimama2016:20180426235220j:plain

造るのは、山梨県北杜市にあるサントリーの白州蒸留所。

世界的にも珍しい、森の中にある蒸留所だ。

サントリーが日本でWhisky造りを始めてからちょうど50年の1973年に開設された。

 

仕込み水は、南アルプスからの天然水。

ミネラルを豊富に含む軟水で、軽快で穏やかな味わいに仕上がるのだ。

重厚で華やかな「山崎」の原酒とはタイプが異なる。

多彩な原酒のつくり分けも、白州の特徴のひとつ。

f:id:kimama2016:20180426235232j:plain

ストレートで。

独特の香りがある。

これが森の香りかと言えば、ちょっと違う。

果実様の香り、Malt の香り、スモーキーな香り…。

どれもそんなに強くない。

いろいろな香りが複雑に重なっている。

一番強いのは「Malt香」か。

 

次に味。

こちらも甘みやMalt感を強く感る。

それほどフレッシュとかフルーティという印象は無い。

思ったよりもボディがしっかりしている感じだ。

もっと軽くてライトな酒質のイメージがある。

 

加水してみる。

弱めだったフルーティ感が、全体的に強くなる。

しかしよく称されるような「森の香り」「新緑の香り」は…。

結局、最後までよくわからなかった。

 

飲み方の問題か?(High Ball などにした方がわかるのかも)

それとも、サントリーのイメージ戦略か?

 

いずれにせよ、「爽やか」というよりは、

「山崎よりもはるかに複雑で繊細」

「ミディアムボディでしっかりした味わい」

というのが自分の印象。

そして山崎よりもイマジネーションが働くお酒。

飲んでいて楽しみが多い。

kimama2016.hatenablog.jp

  

(2018.4.26.追記)

山崎、白州とも、品薄状態が続いている。

今まではどうにか入手できたが、いよいよ手に入らなくなってきた。

メニューから消える日も近そう…。

 

(2018.5.16.追記)

ついに白州12年は販売中止だそう。

ノンビンテージも危ういな。