K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『カリラ12年』潮の香りに満ちたカリラ蒸留所。

1846年に創業したカリラ蒸留所。

「CAOL ILA」とはアイラ海峡 のことで、その海岸に蒸留所がある。

同海峡が、エビ等の優良な漁場になっているためだろう。

「魚介類」との相性がよいアイラMaltとも言われている。

f:id:kimama2016:20180414095003j:plain

まず香り。

スモーキーで、ピートがしっかり効いている。

ただ、ラフロイグやアードベックほどの強さはない。

ボウモア」くらいだろうか。

 

ストレートで。

じんわりした甘みとともに、ピリッとくるスパイシーな刺激がある。

スモーキーな余韻が残るが、突出した個性は少なくバランスの良さを感じさせる。

 

加水して見る。

バランスが良いせいか、加水による変化は少ない。

果実様のフルーティさが僅かに現れてくる。 

f:id:kimama2016:20180414095812j:plain

ウイスキーの飲み方について。

ストレート、ロック、水割り、炭酸割りなどが一般的。

通な飲み方としては「トワイスアップ」(Whisky 1 : 1 水)。

プロのブレンダーの方が試飲するときの飲み方だ。

Whisky本来の味と香りが楽しめる。

 

私の好みは…

まずストレートで味わい、次に少しずつ加水して味の変化を見る。

特にSingle Maltを飲む時は、必ずこのスタイル。

最初からトワイスアップにするのは、ちょっともったいない気がする。

 

BARに行った時も同様。

「水差し」で割り水?を出してもらう。

水差しが無い場合は、チェイサーにTEAスプーンで代用。

それで少しずつ加水をして、味の変化を楽しむようにしている。

 

この方法は、Bartenderの岸 久氏の本に書いてあった。

岸氏のスタア・バーでは、そのようにして提供しているとのこと。

スタア・バーへ、ようこそ (文春文庫PLUS)

スタア・バーへ、ようこそ (文春文庫PLUS)

 

 

たった一杯のSingle Maltだが…

十数年の歳月を経て、この世に出てくるお酒。

サクッと飲んでしまうのではもったいない。

 

造り手の熱い思いや熟成の年月、そしてスコットランドの自然や風土。

そんな背景に思いを馳せながら、ゆっくりじっくり味わいたいものだ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カリラ 12年 43度 箱付 700ml 正規
価格:4598円(税込、送料別) (2022/5/7時点)