K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『赤兎馬』三国志に登場する名馬から命名。

前回に続き、本格焼酎

ボトル以外では一番注文の多い銘柄。

これもラベルの印象が強い。

黒地に赤文字。躍動感のある字体。余計な文字も絵も一切無し。

f:id:kimama2016:20191102021109j:plain

前回の記事で「蒸留方法」について書いた。

この赤兎馬は原料の風味がしっかり残る「常圧蒸留」

(それにしては芋感が無い。詳しくは後述。)

 

麹はスッキリとした仕上がりになる「白麹」

原料のさつまいもは、厳選された良質の「黄金千貫」

そして仕込み水は、鹿児島県特有の火山灰土(シラス台地)の地下数百メートルから湧き出す天然水を使っている。

 

やはり良質の原料と水。酒造りには欠かせないものだ。

 

熟成にもこだわる。

原酒をゆっくりと寝かせたあと、仕上げに力強い若い原酒をブレンドしている。

f:id:kimama2016:20191102021137j:plain

ストレートで。

まず、香りが強い。

が、いわゆる芋焼酎特有のクセのある香りではない。

もっと華やかで、上品な香り。

フルーティな果実様の香りもある。

 

口に含むと、すっきりとした飲み口で、甘さも上品。

爽やかで「ホントに芋か?」と感じる。

常圧蒸留だと、もっと芋感が強く出るのでは?と思うのだが…。

蒸留方法だけで風味が決まる訳ではないのだろう。

 

何か、ハイランドのフルーティでスッキリしたSingle Maltを思わせる味わい。

(この印象は私だけか?)

 

 

加水( 1 : 1 )してみる。

度数が下がる分、飲みやすくなる。

柔らかい口当たり。優しい甘み。

ただし印象が弱まり、全体的に少々ぼやけた感じになる。

お酒に強い人は、ストレートで試して頂きたい一本だ。

f:id:kimama2016:20191102021207j:plain

 ・・・・・

とても上品でフレッシュ、フルーティで気品あふれる芋焼酎

芋焼酎が苦手な人でも、おいしく飲めることだろう。

 

反面「芋焼酎のクセのある味わいが好き」という人には物足りないかも。

もはや少数派になりつつあるようだが…。

 

ちなみに「赤兎馬」の名前は…

三国志」に出て来る「一日に千里走る」と言われた名馬から付けられている。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤兎馬 芋焼酎 25度 1800ml 濱田酒造
価格:2948円(税込、送料別) (2022/4/24時点)