K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『天狗舞(石川)』豊かな自然が生み出す加賀の名酒。

本格焼酎が続いたが、今回は久しぶりに日本酒を紹介する。

春先に入れたが、最近やっと完売した。

ちょっと時間がかかってしまった。

なぜなら、日本酒党の常連さんがほとんど飲まなかったこと。

その人はあまり名前の知られていない銘柄を好んで飲む。

このブランドは、かなり有名なのだろう。

天狗舞」というと「山廃」が有名だが、今回は季節限定の純米大吟醸生酒。

使用米は特A地区の山田錦

精米歩合50%。

日本酒度+3、酸度1.4。

試飲してみる。

とてもフルーティなお酒。

商品説明には洋梨を思わせるの味」との表記。

その説明通り、果実を思わせる風味、フレッシュでジューシーな味わいが特徴。

味のふくらみはあるが、思ったより軽やか。

料理と合わせるのはどうかな?という印象だが、しつこさや重さは無い。

バランスが良く、後味もスッキリきれる。

天狗舞を造る車多(しゃた)酒造は、石川県白山市にある。

霊峰白山からの伏流水と、加賀平野の良質の米。

北陸の自然の恩恵を受けて造られてきた地の酒だ。

 

名前の由来。

蔵の周辺の豊かな森。

木の葉の擦れ合う音が、まるで天狗が舞う音のように聞こえたらしい。

そこから「天狗舞」の名が付けられたそうだ。

日本酒の蔵も大小さまざま。

有名な蔵から、あまり知られていない所まで、いろいろある。

なるべくバランスよく揃えたいものである。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天狗舞 純米大吟醸50 生酒 1.8L※クール便発送
価格:3740円(税込、送料別) (2022/4/18時点)