K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ガリアーノ』イタリア発祥の薬草系リキュール。

お店での1シーン。

たまに来るブランデー好きの奥様。

カウンターでボトルを眺めながら…

「これ、何ですか?」

ガリアーノというイタリアのリキュールです。」

「どこかで見たような…」

f:id:kimama2016:20170925093940j:plain

奥様によると、どこかのBARでアレキサンダーを飲んでいた時の話し。

ベースのブランデーをガリアーノに変えると「ゴールデンキャデラック」という別のカクテルになる。

そんな話しを聞いたらしい。

  

「これで何かカクテルを。」

 

…さて、困った。

ガリアーノはちょっとした風味付けで使うことが多い。

これをメインにしたカクテルは前出の「ゴールデンキャデラック」くらいしかない。

でも残念ながら生クリームが無い。

 

そこは「ガリアーノを飲みたい」という奥様のたっての希望。

ミルクで代用して作ってみた。

 

生クリームの濃厚さは無いが、逆にスッキリ軽めな仕上がり。

これはこれでいけるかも知れない。

奥様にはご満足頂けた。多分…。

 

「ゴールデンキャデラック」のレシピ

  • ガリアーノ     20ml
  • カカオ(ホワイト) 20ml
  • 生クリーム     20ml

シェークしてカクテルグラスに注ぐ。

 

f:id:kimama2016:20170925094002j:plain

バニラやアニス、ジュニパーベリー、シナモンがメインフレーバー。

他に30種類のハーブ、スパイスを原料として作られる薬草系リキュール

アルコール度数42.3%。

 

ガリアーノ」と言えば…

バニラ風味のリキュールというイメージがある。

しかし試飲してみると「バニラの風味」はほとんど感じられない。

甘みと穏やかなアニスの風味だ。

  

これは旧レシピに変わったため。

表記も「バニラ」から「オーセンティコ」(正統とか本物の意)に変わっている。

 

現在はオランダの総合リキュールメーカーボルスが母体。

もはや、イタリアのリキュールとも言えなくなっているのか!?

お客様にはイタリア発祥の…くらいに伝えた方がよさそうだ。

 

・・・・・

 

背の高いボトルが特徴。

店では目を引くフォルムだが、なんとも扱いづらい。

オブジェとしては優秀だが…

 

イタリア建築におけるコリント式の円柱がモチーフになっている。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ガリアーノ オーセンティコ【700ml/42.3%】20191209
価格:1812円(税込、送料別) (2022/5/15時点)