K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ビトウィーン・ザ・シーツ』意味深な名前の一杯。

前回の記事で登場した奥様。

とある夜にオーダーを頂いたのが、ブランデーベースのカクテル

「ビトウィーン・ザ・シーツ」だ。

「ベットに入って」という意味深な名前の Night Cap カクテル。

奥様のオーダーに、ちょっとドキッ。

 

もっと大胆で露骨なネーミングのカクテルとしては…

「セックス・オン・ザ・ビーチ

なるカクテルがある。

女子のオーダーにこっちが赤面して…。

 

「セックス・オン・ザ・ビーチ下さい。」

「えっ?は、はい。セ、セ、セックス・オン・ザ・ビーチですね。」

 

「お待たせしました。セ、セックス・オン・ザ・ビーチです…。」

「わ~、おいしそう~」

「えっ?えぇ、お、おいしいですよ。」

 

…実話を元にした妄想。

変な想像が膨らむ…(汗)

 

 失礼。脱線してしまった。

f:id:kimama2016:20170927001120j:plain

【スタンダードな処方】

  • Brandy     20ml
  • Rum     20ml
  • White Curacao     20ml
  • Lemon Juice     1tsp

シェークしてカクテルグラスに注ぐ。

f:id:kimama2016:20170927001335j:plain

口当たりはNight Capにしては爽やか。

オレンジ(Curacao)とレモンの柑橘系の風味が効いている。

ひたすら甘いカクテルとは一線を画す。

f:id:kimama2016:20170927001352j:plain

アルコール度数は35度くらいか。

最初はあまり感じないが、徐々に度数が強く感じられてくる。

特に気温が高い時期。

カクテルの温度上昇が早く、キリっと冷えて飲みやすい時間は短い

温度が上がると甘みやアルコール感が強くて、ちょっと飲みづらくなる。

最後まで美味しく飲むには工夫が必要。

 

思い切ってシェーク・ロック・スタイルにしてしまうか。

あるいは…

上田和男氏が「ルシアン」でやったようにステアに切り替えたうえで

  • Brandy     30ml
  • Rum     20ml
  • White Curacao     10ml
  • Lemon Juice     1tsp

とドライに引っ張ったレシピにするか。

 

いずれも試してみたいが、さすがにそんなに飲めない。

日を改めてやってみたい。