K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『独楽蔵(福岡)』ふた夏越しの「二年目の秋」。

飲み屋の営業は「水商売」と言われるように、まさに「水もの」。

閑古鳥が鳴き続けていたかと思うと、突然混みだす。

来店が平均的ならスムーズに営業できるが、なぜか偏る。

 

昨夜は混む方の日。

前日の水曜日は僅かひとりだったのに…。

それが昨夜は週末並みの混雑。

雨の木曜で油断していたせいもあり、ボコボコに。

「前日に一組でもズレてくれれば…」

そうは問屋が卸さないのが飲み屋。

他のサービス業も似たり寄ったりか。

 

・・・・・

 

さて、今日は季節の日本酒を紹介する。

福岡県「杜の蔵」が造るブランド「独楽蔵」ひやおろし

f:id:kimama2016:20170929092747j:plain

使用米は福岡産、無農薬栽培の山田錦

精米歩合60%。

日本酒+5.5、酸度1.7。

アルコール度数17度。

 

このお酒の特徴は「ふた夏越し」。つまり一年半熟成。

通常のひやおろしは「ひと夏越し」概ね半年熟成。

熟成で旨みの深まる山田錦となれば、期待も膨らむ。 

f:id:kimama2016:20170929092832j:plain

日本酒の「熟成感」というのは、自分には少々分かりづらい。

印象としては、穏やかで落ち着きのある、しっかりした酒質。

これが熟成効果だと言われればそうかも知れない。

果実様の風味も感じる。

 

燗にしてみる。

40度超まで上げてしまうと、ちょっと飲みづらい。

人肌程度のぬる燗だと、円やかになって身体に染み入る味わい。

常温~ぬる燗がおすすめ。

もちろん冷でもOKだ。

 

・・・・・

 

同世代の常連さんが飲んで一言。

 

「二年目の秋か…。なんか『三年目の浮気』みたいだね。」

 

上手い!頂きましょう。