K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『黒龍(福井)』「石田屋」の屋号を持つ黒龍の定番。

Yahoo!ニュースを見ていたらこんな記事が。

withnews.jp

一杯目のお酒として、ビールが減って、ハイボールが増えている。

また、癖のない焼酎や、本物指向の日本酒、ワインが伸びているとのこと。

データを提示して検証している。

お店での感覚も、概ね近いものがある。 

・・・・・ 

さて、今回紹介するのはこちらの日本酒。

黒龍  いっちょらい」

f:id:kimama2016:20171216085818j:plain

基本は「純米」のお酒を置いているが、時にアル添の「吟醸酒」も入れたりする。

造るのは、福井県永平寺町にある黒龍酒造(株)

使用米は、福井県産の「五百万石」

精米55%。

日本酒度+5、酸度1.1 の吟醸酒

f:id:kimama2016:20171216090534j:plain

「いっちょらい」とは?

福井県の言葉で「自分にとって一番いいもの」(=一張羅)という意味。

 

試飲してみる。

五百万石らしく、スッキリした飲み口。

クリアでさっぱり。とても飲みやすい。

香りはほのか。吟香が強すぎるのは好まないが、これはOK。

料理にも合わせやすく、幅広く好まれるタイプのお酒である。

 

個人的には…

美味しいのだが、ちょっと物足りない。

俗にいう「端麗辛口」の真逆にある「濃厚旨口」のようなお酒が好みだ。

あくまで個人的な嗜好だが…。

 

・・・・・

 

1804年に創業した黒龍酒造。

初代蔵元、石田屋二左衛門以来、手造りの日本酒を追求してきた。

その「石田屋」の屋号を持つ酒蔵だ。

 

仕込み水には、白山山系九頭竜川」の伏流水を使用。

九頭竜川」の古名が「黒龍川」

そこから名付けられている。

 

以前紹介した「日高見」も確かそんな感じで名付けられていた。

kimama2016.hatenablog.jp

 

…なのだが「黒龍」という名前を聞くと…。

 

「真紅目の黒竜」を思い出してしまう。

ついでに「青い眼」のヤツとかも連想したり…。

私だけだろうか?

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒龍 吟醸 いっちょらい 1800ml こくりゅう
価格:2695円(税込、送料別) (2022/4/18時点)