K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『百十郎(岐阜)』歌舞伎役者の隈取ラベルが特徴。

このブログもそれなりに記事を書いてきた。

今回は、123番目の紹介になる。

(※当時は記事に通しNo.を振っていて、この記事がNo.123だった。)

「123」と言えば、アントニオ猪木を連想するが…。

今年は、加藤一二三、阿部一二三と、ブレイク。

まあ、どうでもいい話だが…。

 

今回は、何度か入れたことのある「百十郎」

その中で、日本酒度+12の、辛口純米酒「赤面」

f:id:kimama2016:20171219085640j:plain

「赤面」は「あかづら」と読む。

「せきめん」ではない。

 

とにかくラベルのインパクトが凄い。

歌舞伎役者の隈取をイメージしたデザイン。

目立つのだが、ちょっと怖い。

f:id:kimama2016:20171219085703j:plain

スペックは…

使用米はスッキリした味わいになる五百万石。

精米歩合は70%。

日本酒度+12、酸度1.4の、純米酒

 

試飲。

しっかりとして、落ち着いた酒質。

辛いといえば辛いが、味わいもある。

米の香りが余韻に心地よく残る。

ただ辛いだけのお酒とは一線を画す仕上がり。

少し温めると辛さが増す印象を受けた。

 

・・・・・

 

「百十郎」の由来と「ドクターX」の小話。

岐阜県にある「桜」の名所、新堺川。

かつて歌舞伎役者の

「市川百十郎」ソメイヨシノの苗木を1200本寄贈したそう。

その桜は「百十郎桜」と呼ばれており、ブランド名の由来になっている。

ラベルのデザインも、ここから来ている。

 

どうでもいい話しを少々。(ネタバレ注意)

先日「ドクターX」が最終回を迎えた。

 

ところで。

西田敏行演じる「蛭間重勝」東帝大学病院院長。

重勝」は「重い病気に勝つ」という意味らしいが…。

その本名は、十一番目の末っ子という事で、蛭間「十一郎」。

貧困家庭で苦学の末に医者になったとの設定。

権力やお金に固執する姿も、この辺りに理由があるのだろう。

最終回で遂に逮捕されたが…。

 

・・・・・

 

「百十郎」の記事を書いていて「蛭間十一郎」を連想するとは…。

自分自身の思考回路がどうなっているのか、若干心配だ。

 

なんかどうでもいい話しが多くて失礼。