K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『シーバスリーガル ミズナラ12年』日本人向けにブレンドされた、日本限定のスコッチ。

K’s MENU Note

『Chivas Regal MIZUNARA 12』

 

ここ数日、過去記事のメンテナンスに終始していた。

店が予想外に忙しかったのも影響して、久しぶりの更新になる。

 

さて、今回はブレンデッドスコッチの紹介なのだが…。

最近、ウイスキーが登場する機会がめっきり減っている。

どうも日本酒の勢いに押され気味である。

 

「シーバスリーガル ミズナラ

ブレンデッドスコッチとして有名な「シーバスリーガル」。

そのシーバスが、日本のウイスキー愛好家のために特別に造ったもの。

まずは日本人の味覚に合うようにブレンドする。

そして最後に日本原産のオーク材「ミズナラ」の樽でマリッジして仕上げるのだ。

f:id:kimama2016:20180214013622j:plain

 

f:id:kimama2016:20180214013636j:plain

左がスタンダード品。

ブレンデッドスコッチでは一番よく出る。

f:id:kimama2016:20180214013656j:plain

テイスティング

穏やかだが、とてもいい香り。

甘やかでフルーティ。

 

口に含むと、深く吸い込まれるような甘み。

熟し過ぎず、若過ぎず、ちょうど食べ頃の果実のような印象。

口当たりは、とても優しい。

ストレートで飲んでも、アルコールの強さや刺激は感じない。

そして、メープルシュガーのような余韻を残していく。

 

わずかに加水して見たが、もともと優しい味わい。

フルーティさは増すが、味の変化は小さい。

kimama2016.hatenablog.jp

 

日本人向けなのか?

とてもおいしいウイスキーだと思う。

とがったところが無く、まろやかで適度にまとまっている。

これが日本人の味覚に合っているかは不明だが、イメージが重なるのかな。

 

個性がない。主張しない。平均的。協調性。和を尊ぶ…。

 

まさかそんな日本人の姿をイメージしてブレンドした訳じゃないだろうが(苦笑)

真意は不明だが、まぁ、おいしいので良しとしよう。