K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『扶桑鶴 純米にごり酒』ひなまつりには「白酒」、飲み屋には「にごり酒」がよく似合う。

K’s MENU Note

島根『扶桑鶴 純米にごり酒

 

昨日は「ひな祭り」

「ひな祭り」と言えば「白酒」。

「白酒」と言えば「にごり酒」??

 

・・・・・

 

日本酒党の、常連M氏。

ウチで仕入れる日本酒の半分くらいは氏が飲んでいる。

裏のマンションに住んでいて、来店頻度は週に3~4回。

夕食を兼ねてやって来る。

 

氏は日本酒の中でも特に「にごり系」には目がない。

今回、一升瓶を2本仕入れたが、一般のお客様に出たのは一合のみ。

残りの1.9升は氏が飲み干した。

ツワモノである。

 

扶桑鶴 純米にごり酒 

f:id:kimama2016:20180304010828j:plain

原料米は島根県産の「五百万石」と「きぬむすめ」。

精米歩合70%。

日本酒度+6、酸度2.6、アルコール度16度。

「完全発酵」させた、純米にごり酒

 

そしてこのお酒、にごり具合がハンパない。

f:id:kimama2016:20180304010906j:plain

この乳白色。オリも多く、ドロッとしていて、甘酒のよう。

 

テイスティング

見た目に反して、とてもスッキリした味わい。

甘酒のように濃厚で、どろっとした口当たりだが、甘さは無し。

酸度が高く、また完全発酵させているので、スッキリ辛い。

 

軽く温めると、さらに甘酒感が増す。でも甘くない。

脳の中で若干混乱を生じる。

f:id:kimama2016:20180304010844j:plain

・・・・・

甘酒と言えば、昨今「飲む点滴」とも呼ばれ、ちょっとしたブームに。

このにごり酒も同様に、高い栄養価なのか?

 

にごり酒の「おり」は、元々は酒粕になる部分。

たんぱく質ビタミンB1、B2、B6、葉酸、食物繊維などが含まれる。

甘酒同様、なかなか栄養価は高いので「適量」ならば身体にも良さそう。

 

…さて「適量」とは?

難しい問題である。

 

・・・・・

 

今週のお題「ひな祭り」 

 

たまたま「お題」と合致したので、今回はこちらで投稿する。