K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ジェムソン』ライトな味わいが魅力。「黒こげの樽」で熟成した「ブラックバレル」。

K’s MENU Note

FILE 161

『JAMESON BLACK BARREL』

 

昨日、テレビでゴルフの中継を見ました。

女子ツアー「サイバーエージェント・レディス」。

 

優勝したのは沖縄県出身の19歳、新垣比菜選手。

初優勝、おめでとうございます。

 

そして上位の選手を見ると…。

2位に22歳の柏原明日架、3位Tに20歳の永井花奈

7位Tに19歳の三浦桃香原英莉花…。

 

若手がずらりと並んでいます。

女子プロゴルフ界は…、

毎年のように有力な選手が出てくるし、韓国などアジア勢の攻勢もあって…。

常に上位で戦い続けるのは至難の業だなぁ、と感じます。

 

メンタルスポーツとも言われるゴルフ。

繊細さが要求される。

微妙なズレが大きなスコアの差異につながるのでしょうね。

 

数年前には有望だった若手選手で、苦しんでいる人も多いです。

香妻琴乃、堀琴音、藤田光里…。

 

ぜひとも復活して欲しいものです。

 

・・・・・

 

また前置きが長くなって失礼しました。

 

常連さんに、ゴルフが趣味の姉妹がいます。

先日来店されたときに、カウンターに無造作に置いてあったボトルを見て注文されました。

 

f:id:kimama2016:20180430002134j:plain

f:id:kimama2016:20180430002317j:plain

 

どんなお酒か?

アイルランドで造られるウイスキーを相称して、アイリッシュウイスキーと呼びます。

特徴は3回の蒸留と、ピートを使わないこと。(一部、例外あり)

ライトでクリアな酒質になると言われます。

 

・・・・・

 

さて、このウイスキーですが…、

「ブラック〇〇」と付くと、当然「ブラック・ラベル」だと思いました。

ところがこのウイスキーは「ブラック・バレル」です。

 

その名の由来は「製造方法」にあります。

内側を2度チャーリング(焦がす)した黒こげの樽(ブラック・バレル)を使って熟成するとのこと。

 

黒こげの樽???

想像するのが難しいですが…。

日本酒でも濾過するときに「墨をかける」といって、真っ黒になるほど墨を入れる蔵もあるとか…。

 

テイスティングして見ます。

香りは強い。

蜜ろう様の甘い香り。ブレンデッド特有の香りです。

 

酒質は軽い。

舌の上で軽やかに転がる。

甘みを感じるが、深く染み入るような甘みではない。ライトな甘み。

その後、微かにフルーティー感が現れる。

後味もすっきり。

 

加水して見ます。

香りは、ツンと来るアルコール感が消えて、フルーティーさが現れる。

まろやかさ、滑らかさ、が増します。

俗な言い方だが、ビロードのような舌ざわりと表現したいところ。

 

少し多めに加水したが、味がよく伸びて、美味しい。

このお酒は、ストレートで飲むより、トワイスアップや、濃い目の水割りが合いそうです。

 

f:id:kimama2016:20180430002350j:plain

 

「黒こげの樽」の効果なのでしょうか?

個性は弱いが、まろやかで穏やかな、落ち着いた味わいが好印象です。

そして、スコッチに比べると、酒質の軽さは際立ちます。

スコッチ派ですが、時にこういったタイプもいいですね。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。