K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『アイラストーム』蒸留所未公開のシングルモルト。「アイラ島の嵐」その味わいは?

K’s MENU Note

ISLAY STORM』

 

最近、いつになく競馬がよく当たる。

こんな時は…。

何か悪いことが起きるのでは?

そんな嫌な予感がする。

 

すると、やっぱり悪いことが…。

昨日からお店の「冷凍冷蔵庫」の調子が悪い

冷えが甘い。冷えが遅い。

症状から察するに…、ガス漏れか?

 

200V、4枚扉の業務用大型タイプ。

食材のストックの半分以上を担っている、お店には欠かせないアイテム。

 

とは言え、居抜きで入った店舗。

前のお店から通算して18年以上稼働している。

寿命といえば寿命なのでだろう。

そしてこの不具合の発生が、真夏になる前の時期で良かったのかもしれない。

 

とにかく早急に対応策を考えなくては…。

数日間は嵐のような展開になりそうである。

 

・・・・・

 

今回、紹介するのは「アイラ島の嵐」という名のウイスキー

「アイラストーム」

f:id:kimama2016:20180530083658j:plain 

f:id:kimama2016:20180530083746j:plain

どんなお酒か?

スコットランドグラスゴーに拠点を置く、C.S.ジェームス&ソンズ社がリリース。

アイラ島シングルモルトなのだが、蒸留所は未公開

恐らく「カリラ」ではないか?と言われている。

アルコール度数は40度。

 

テイスティング

カリラ12年と比較してみよう。

 

【アイラストーム】

甘く軽やか、軽めの酒質。

スモーキー感は、フィニッシュからアフターにかけてがメイン。余韻は長い。

加水しても、あまり変化はない。

複雑さは少なく、やや平坦な印象

 

【カリラ12年】

香りはこちらの方が、断然フルーティー

ちょっと柑橘っぽい果実の香りがある。

アタックがはっきりしている。味の輪郭がはっきり。

深い甘み。熱さ、熱をかんじる。

厚み、オイリー、重厚感、奥行き、その辺りの印象が全然違う。

スモーク感は、カリラの方が弱い。

余韻も短い。

こちらも、加水するよりはストレートで味わいたい。

f:id:kimama2016:20180530084746j:plain

どちらがおいしいか?

「スモークヘッド」の記事でも書いたが…、

それぞれ個性がまったく違う。

中身を詮索せず「アイラストーム」なるウイスキーとして楽しめば良いだろう。

個人的には、圧倒的に「カリラ」のほうが好みだが…。

 

店にあるのは旧ボトル。

今はこんなデザイン。

f:id:kimama2016:20180530085505p:plain

 

・・・・・

 

アイラ島の嵐」は思ったより穏やかだったが…。

ウチの店の「嵐」はどうなるのだろう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 アイラストーム 40度 箱付 700ml
価格:2570円(税込、送料別) (2018/11/4時点)