K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ラガヴーリン16年』アイラ島が誇る荘厳なる一本。

先日、知り合いのBARのマスターが飲みに来た。

連れはIT社長っぽいイケメンで、元Bartender。

さすがに造詣が深い。

 

さて、今回はこちらのMalt。

f:id:kimama2016:20210121112512j:plain

1940年代の「密造酒時代」から続く蒸留所。

ラガヴーリン」は、ゲール語水車のある窪地を意味する。

今回はオフィシャルの16年物。

アルコール度数43%。

f:id:kimama2016:20210121112609j:plain

重厚なMaltの香り。

併せて果実のような芳醇な香りも。

スモーキー香はイメージほど強くない。

 

凝縮された甘み、熟成された円やかさがある。

しっとりしているが、重すぎない。

鼻腔に残る燻香も強すぎない。

 

スペイサイドのような優雅さも感じる。

 

加水により青リンゴ様のフレッシュな香りが現れる。

味わいも一段と円やかになって、アイラであることを一瞬忘れそうだ。

f:id:kimama2016:20210121112705j:plain

重厚なのだが、とてもバランスの良いアイラMaltに感じる。

ラフロイグ」の強烈なヨード感。

「カリラ」の乾いた埃っぽい感じ。

「キルホーマン」はより重くて熱い。

それらに比べると突出した個性は感じない。

むしろスペイサイドやハイランドの優美なMaltに、アイラらしさを足したイメージ。

f:id:kimama2016:20210121112958j:plain

今回、味をチェックしてみて、ちょっと印象が変わったナ。

それとも自分の味覚がおかしくなっているのか?(汗)

他のアイラに比べると「飲みやすい」とも感じた、ある日の夜だった。

 

※価格の高騰が尋常じゃない。