K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ラガヴーリン16年』一度飲んだら…記憶に残る銘酒。アイラが誇る荘厳なる一本。

K’s MENU Note

FILE 177

『LAGAVULIN 16』

 

昨夜、うちの1号店の店長が飲みに来てくれました。

一緒に来たのは、IT社長っぽいイケメン。

以前、都内でバーテンダーをやっていて、今は郊外で立ち飲み屋の店長をやってるそう。

 

その彼、さすがに元バーテンダーらしく、ウイスキーの造詣が深い。

久し振りにウイスキートークを楽しめました。

 

最後に、自分と、居合わせた常連さんを含めて、アイラモルトで乾杯することに。

さながら「アイラパーティ」の様相を呈してました。

f:id:kimama2016:20180622000801j:plain 

f:id:kimama2016:20180622000834j:plain

左から「キルホーマン」「ラフロイグ」「ラガヴーリン」「カリラ」。

それぞれ、好きなアイラモルトを頂きました。

 

この4種類、すべて過去に記事にしていますが…

その中で、今回は「ラガヴーリン16年」について記します。

前回は「ダブルマチュアード」がメインの記事でしたので。

kimama2016.hatenablog.jp

 

どんなお酒か?

蒸留所は1940年代の「密造酒時代」から続く伝統を誇ります。

アイラ島の南方、ラガヴーリン湾の海沿いに建っていて、ゲール語で「水車のある窪地」を意味します。

今回のお酒は、オフィシャルの16年熟成物。

アルコール度数43%。

f:id:kimama2016:20180622083426j:plain 

f:id:kimama2016:20180622000911j:plain 

テイスティングして見ます。

重厚なモルトの香り。

あわせて果実のようなフルーティーな香りも。

スモーキー香は、イメージほど強くない。

 

凝縮された甘み、熟成された円やかさがあります。

しっとりしているが、重すぎない。

鼻腔に燻香が残るが、こちらも強すぎない。

 

スペイサイドモルトのような優雅さも感じますね。

 

加水により青リンゴ様のフレッシュな香りが現れます。

味わいも一段と円やかになって、アイラモルトであることを一瞬忘れそうです。

 

・・・・・

 

重厚ですが、とてもバランスの良いアイラモルトに感じます。

ラフロイグ」の強烈なヨード感。

「カリラ」の乾いた埃っぽい感じ。

「キルホーマン」はもっと重くて熱い。

それらに比べると突出した個性はなく、どちらかというと、スペイサイドやハイランドの優美なモルトに、アイラの良さを加えたような印象。

 

今回テイスティングして見て、ちょっと印象が変わりました。

いろいろ飲みすぎて、自分の味覚がおかしくなっているのでしょうか?(汗)

他のアイラモルトに比べると「飲みやすい」のでは?

そんな印象も受けた昨夜のアイラパーティー?でした。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。