K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ラガヴーリン16年』一度飲んだら…記憶に残る銘酒。アイラが誇る荘厳なる一本。

K’s MENU Note

『LAGAVULIN 16』

 

昨夜、うちの1号店の店長が飲みに来た。

連れは、IT社長っぽいイケメン。

その彼、元はバーテンダーとのこと。

さすがに造詣が深く、久し振りにウイスキートークを楽しめた。

 

最後に居合わせた常連さんも巻き込んで、アイラモルトで乾杯!

f:id:kimama2016:20180622000801j:plain 

f:id:kimama2016:20180622000834j:plain

左から「キルホーマン」「ラフロイグ」「ラガヴーリン」「カリラ」。

それぞれ、好きなアイラモルトで〆だ。

もちろん私も頂く。

この中から、今回は「ラガヴーリン16年」を紹介する。

 

どんなお酒か?

1940年代の「密造酒時代」から続く蒸留所。

アイラ島の南方、ラガヴーリン湾の海沿いに建っている。

ラガヴーリン」は、ゲール語で「水車のある窪地」の意。

 

今回のお酒は、オフィシャルの16年熟成物。

アルコール度数43%。

f:id:kimama2016:20180622083426j:plain 

f:id:kimama2016:20180622000911j:plain

テイスティング

重厚なモルトの香り。

あわせて果実のようなフルーティーな香りも。

スモーキー香は、イメージほど強くない。

 

凝縮された甘み、熟成された円やかさがある。

しっとりしているが、重すぎない。

鼻腔に燻香が残るが、こちらも強すぎない。

 

スペイサイドモルトのような優雅さも感じる。

 

加水により青リンゴ様のフレッシュな香りが現れる。

味わいも一段と円やかになって、アイラモルトであることを一瞬忘れそうだ。

 

・・・・・

 

重厚なのだが、とてもバランスの良いアイラモルトに感じる。

ラフロイグ」の強烈なヨード感。

「カリラ」の乾いた埃っぽい感じ。

「キルホーマン」はもっと重くて熱い。

それらに比べると突出した個性は感じない。

むしろスペイサイドやハイランドの優美なモルトに、アイラらしさを足したイメージ。

 

今回テイスティングして、ちょっと印象が変わったナ。

それとも自分の味覚がおかしくなっているのか?(汗)

他のアイラモルトに比べると「飲みやすい」とも感じた昨夜だった。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウイスキー ラガヴーリン 16年 700ml 箱付 (34-4)(70106) 洋酒 Whisky
価格:5909円(税込、送料別) (2019/9/26時点)