K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『花巴(奈良)』今回は超長期の熟成純米酒。

今月で開店して10年を迎えた。

長く営業していると、モノがどんどん増えていく。

いつか使うだろうと思って保管しているが、大抵使われずに放置される。

この節目に一度整理をして、使わなそうなものは思い切って捨ててしまおう。

いわゆる「断捨離」だ。

 

そんな話を常連さんにしたところ、

「えっ、マスターが断シャリするの?」

「ん?まあね。」

「太ってないじゃん!」

「は?オレって言うか…、店ね。」

「店??」

「使っていないものを思い切って処分しようかと…。」

「え?それが断シャリ??」

「そうですよ。断捨離です。」

「えっ、そういう意味?シャリを絶つ【炭水化物ダイエット】のことだと思ってたよ」

「はぁ…?(絶句)」

 

まぁ、確かにねぇ。

「捨離」「シャリ」だと思えば、そういう意味にもとれるが(苦笑)

 

・・・・・

 

その常連さん。

変わった日本酒が好みなので、今回はこちら。

花巴 熟成純米酒

f:id:kimama2016:20180709152731j:plain

造るのは「美吉野醸造」さん。

千本桜で有名な、奈良県吉野にある小さな蔵。

創業は明治45年。

こちらの蔵は「水もと」「酵母無添加」「熟成酒」など…。

普通の日本酒とは一線を画すお酒を造っている。

 

今回紹介するのは、長期熟成の純米酒

平成12年BY醸造純米酒を、常温熟成させた一本。

原料米は山田錦

精米歩合60%。

アルコール度数17度。

f:id:kimama2016:20180709152755j:plain

平成12年醸造っていうことは…。

平成12年(2000年)7月1日~翌年6月30日までの間の醸造

まさに「長期熟成」のお酒だ。

Whiskyも真っ青? 

f:id:kimama2016:20180709152810j:plain

見た目も強烈な印象。

この見事な琥珀色。

f:id:kimama2016:20180709160611j:plain

香りも熟成香が強烈。

紹興酒を連想させる。

味わいは以外と円やかだが、鼻に抜ける熟成香が強くて、最初はそれが気になる。

しかし飲み進むとだんだん慣れてきて…

むしろ酒の円やかさや、味わい深さをより感じるようになる。

軽く温めるてもいいが、独特の香りがより強く感じられるので、常温くらいがベターか。

 

・・・・・

 

こういったお酒は好き嫌いが分かれるが、一度はまると癖になりそう。

アイラモルトに通ずるものを感じる。

 

過去の「花巴」の記事。

kimama2016.hatenablog.jp

kimama2016.hatenablog.jp