K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ブルー・ラグーン』猛暑を癒す、爽やかなブルーが印象的。南国気分が味わえます。

K’s MENU Note

FILE 187

『ブルー・ラグーン』

 

猛暑が続きます。

昨日は熊谷で41.1度と、過去最高を更新。

東京でも、郊外の青梅で40度超え

都心部も39度と、危険を感じる暑さです。

 

こうなると、

猛暑日にならなければ、まだマシだ。

32~33度なら「今日は涼しい」なんて感じるのかも。

 

人間たるもの、

ちょっと厳しい環境に置かれるのも、耐性が上がって良いのかも知れない。

ほら、果実も水分が少ない方が甘くなるって言うし…。

 

ン?なんの話しだ??

 

そんな猛暑の中、前回に続き夏っぽいカクテルを紹介します。

 

「Blue Lagoon」

「Lagoon」は「湾、湖」の意味。

一般的な処方は…。

シェークしてソーサー型のシャンパングラスに注ぐ。

氷を加え、スライスしたレモンとオレンジ、カクテルピンに刺したマラスキーノチェリーを飾り、短いストローを添える。

 

f:id:kimama2016:20180705075559j:plain

使うお酒はこちら。

 

f:id:kimama2016:20180705075837j:plain

試作してみました。

 

氷は本来は「クラッシュアイス」を使います。

面倒なのでシェークした氷をそのまま入れました。

ビジュアル的には✖ですね。

デコレーションも、オレンジとチェリーが無いので、レモンのみ。

本当はもっと鮮やかでトロピカルなイメージになるのでしょう。

今回は「なんちゃって」ですね。

試作ということで、お許し下さい。

 

テイストは…、 

アルコール度数はやや高めだが、氷が入って薄まるので、サクッと飲めます。

もっと酸っぱいかと思いましたが、甘酸味のバランスは悪くない。

 

暑い季節にピッタリの、見た目も爽やかなカクテルです。

 

・・・・・

 

さて、美味しくなった人間たちはどうなるのか?

「実はこの猛暑、人間を食すために異星人が仕掛けた罠」なんてストーリーのSFはいかにもありそう。

そういえば「注文の多い料理店」なんて話しもありましたね。

子供心にとても怖かった記憶があります。

 

宮沢賢治か…。

未来を予期していたのか?

だとすると…。

 

怖っ!

これ以上、想像すると、本当に涼しくなるので止めておきます。

まぁ、最後には救世主が現れるものですけどね。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。