K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『陸奥八仙(青森)』甘さと辛さを兼ね備えた酒。

台風が近づいている。

週末予定されていたイベントの多くは、中止もしくは延期を余儀なくされた。

関係者にとっては死活問題だろう。

 

自然状況により左右されるビジネスは、一考の必要がある。

近年の気象条件では、リスクが高すぎる。

ビジネスというよりは博打に近い!?

 

そして飲み屋にお客は来るのだろうか?

給料日後の週末、コケれば痛いのは同じだが…。

近隣にお住いの常連さんたち、お願いします!

 

・・・・・

 

さて、別に台風とは関係ないが、今回紹介するのはこちら。

f:id:kimama2016:20210610101034j:plain

造るのは、青森県八戸市にある「八戸酒造」さん。

米は、麹米に青森産の華吹雪、掛米に同県産のレイメイを使っている。

精米は、麹が55%、掛が65%。

日本酒度+10、酸度1.8の、火入れの純米酒

f:id:kimama2016:20180728074241j:plain

f:id:kimama2016:20180728074304j:plain
 f:id:kimama2016:20180728074446j:plain

香りは穏やか。

飲んで見ると…

甘いが…、辛い?

 

まず甘味を感じる。

ジューシーで果実感のある旨みが広がる。

厚みがあって、とっても濃厚。

飲んでいる時はこちらのテイストを強く感じる。

 

そして最後、というか余韻が「辛い」。

 

辛口というと「すっきり端麗辛口」そんなお酒をイメージするが…

このお酒は「辛さ」と同じくらい、いやそれ以上に「甘さ」も感じる。

とにかく色々なテイストがそれぞれ強い

まさに「芳醇超辛」のネーミングの通り。

申し訳ないが、飲んでいてちょっと疲れる

 

・・・・・

 

「芳醇さ」と「超辛さ」

両方を主張するのは難しくないだろうか?

 

飲み手としてはちょっとしんどい。

最初はおいしいが、だんだんしんどくなる。

なにか色モノ的な印象を受けてしまう。

 

「芳醇だが、後味すっきり」

「超辛口だが、旨みも感じる」

その程度におさえた方が、バランスが良いのだろう。

この季節だからそう感じたのかもしれないが…。

 

あくまで個人的な印象である。

そこはご理解頂きたい。

 

・・・・・

 

台風が過ぎると、また猛暑に戻るのだろうか?

それとも秋に近づくのか?

そういえば昨日、赤とんぼが飛んでいた。

 

人間だけでなく、他の生き物もこの気象に混乱しているのだろうか?

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

陸奥八仙 芳醇超辛 純米 火入 1800ml むつはっせん
価格:3300円(税込、送料別) (2022/4/22時点)