K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『タンカレーNo.10』厳選されたボタニカルが醸し出す、繊細な香りと深い味わい。

K’s MENU Note

Tanqueray No.TEN』

 

台風が過ぎてやって来たのはやっぱり猛暑だった(汗)

そして今日からお盆休み。

最大9連休か?

 

ウチは休まない。

夏休みはナシ。

珍しくもない。例年通りだ。

休んでも、別にやること無い。

お金があれば旅行にでも行きたいが…。

そんな気になれない。

 

お金がなかなか使えないのだ。

ここが自営業の厳しいところ。

サラリーマンなら浪費しても、給料日になればカバーできる。

自営業だと来月いくら取れるのか分からない…。

こんな先行き不透明な時代はなおさら。

企業が内部留保を積み上げる気持ちが、分からなくもない。

 

放漫経営して「ハゲタカ」さん(綾野剛)に

「日本を腐らせたのはあなたのような経営者だ!」

なんて言われたくないし…。

 

失礼。また余談が過ぎた。

 

今回は、ジンの中でもプレミアムな一本、

タンカレーNo.10」

f:id:kimama2016:20180811074154j:plain

右のボトルが現行品。

左が旧ボトル。

個人的には断然、旧ボトルの方が好き。

f:id:kimama2016:20180811074215j:plain

f:id:kimama2016:20180811074238j:plain

1830年、チャールズ・タンカレーがロンドンで始めた蒸留所が起源。

創業以来変わらぬ製法で、高品質のジンを造り続けている。

そんなタンカレーの上級品が「No,10」。

 

ちなみに、通常品はこんなかんじ。 

f:id:kimama2016:20180811074430p:plain

ボトルの形は、

「カクテルシェーカー」

「18世紀の消火栓」

などの説があるようだ。

 

テイスティング

ジントニックにして見る。

スタンダード(ウィルキンソンのジン)と飲み比べ。

 

タンカレーの方が断然、上品な味わい。

香りは穏やかで繊細。

スッキリ飲めるが味わい深い。

造りの丁寧さを感じる。

 

スタンダードの方が香りが強く味も濃いが、平坦で深みが無い。

なんか大雑把で、雑味が多い印象を受ける。

 

・・・・・


お客様がメニューを見て、面白いことを言ってた。

タンカレーっていうジンがあるんだ。高級なカレーの事かと思ったよ。」

 

なるほど。

「(牛)たんカレー」か!

上手い!座布団1枚!