K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『大海 紅アズマ』昔なつかしい昭和の味わい。来年には新しい時代が始まりますね。

K’s MENU Note

芋焼酎『大海 紅アズマ』

 

「平成最後」の夏に思うことがある。

 

昭和40年、この世に生を受けて、23年間昭和を生きた。

少年時代、学生時代を過ごしたのが昭和だった。

 

そして社会人になって1年目。昭和が終わって平成になる。

その後30年間平成を生きてきた。

 

来年、新しい年号の時代が始まる。

何もなければ25年くらい、新しい時代を生きるのだろう。

 

我々の年代の人間は、3つの時代をだいたい均等に生きることになる。

昭和世代、平成世代なんて言われるが、自分たちはどこの世代にも属さない?

「失われた世代」、なんてシャレにもならないが…。

 

・・・・・ 

 

終戦の日の夜、そんな思いにふけりながら…。

今回は、昭和の味を懐かしんで醸したらしい?芋焼酎を紹介する。

「 大海 紅アズマ」

f:id:kimama2016:20180810004016j:plain

造るのは、鹿児島県の「大海酒造」さん。

「海」「くじらのボトル」などが有名。

f:id:kimama2016:20180810004034j:plain

ラベルは、大海酒造さんの「海」。

そして、紅アズマの「紅色」のイメージか。

f:id:kimama2016:20180810004050j:plain

さて、この焼酎。

その名の通り「紅アズマ」が主原料。

「紅アズマ」というと焼き芋などに使われる品種で、スーパーでもよく見かける。

焼酎の原料に使われるというイメージはあまり無いが…。

 

裏ラベルを見ると…、

鹿児島では、昭和の時代に「紅アズマ」が盛んに栽培されていたとのこと。

当時を知る職人が、昭和の時代を懐かしんで醸した焼酎だそう。

黒麹仕込み。

f:id:kimama2016:20180810004107j:plain

テイスティング

なんとも優しい味わい。

ストレートで口に含んでも、刺激をまったく感じない。

雑味がなく、滑らかで円やか。

旨みはしっかりあるが、重すぎない。

 

水割りで。

優しい味わいなので、印象はやや薄くなる。

1:1 の濃い目だが、スイスイ飲める。

心地よい芋の余韻が残る。

 

お湯割りで。

こちらも優しい味わい。

水割りよりは刺激が強く感じるが、それでも優しい。

じんわりと芋の旨みが感じられる。

 

 

流行りのフルーティーな焼酎とは違う。

芋感はしっかり残しながらも、円やかで飲みやすい。

ちょうどいい感じだ。

 

・・・・・

 

焼酎、美味しいナ。

安心して飲める。

身体に合ってるのか。

 

ウイスキーは美味しいけど、異質なものが身体に入って来る感じがする。

焼酎はなんの抵抗もなく、身体が受け入れる。

日本人ってことか?

 

そして「昭和の味」が安心できるってことは…。

 

やっぱり「昭和世代」ということだな。

 

・・・・・

 

来年始まる新しい時代。

その元号は何になるのか?

そもそも誰がどうやって決めるのだろう?

 

別にどうなってもいいのだが…、

 

忖度して「安」とか「晋」なんて文字を入れないことを祈る。