K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ダルモア12年』北ハイランドの重厚なモルト。

このブログもお蔭様で、200番目のお酒を紹介するに至った。

(追記:以前は通しNo.を振っていて、No.200がこの記事だった。)

この節目に何を書こうかと思案したが…、

通過点と割り切って、普通にセレクトする。

 

ハイランドのDALMORE12年

f:id:kimama2016:20180820082923j:plain

蒸留所は北ハイランド、クロマティ湾の入り江添いにある。

f:id:kimama2016:20180827074143j:plain

創業は1839年ホワイト&マッカイのキーMaltを造ってきた。

「DALMORE」はゲール語「川辺の広大な草地」の意味。

古くから周辺の山は「鹿撃ち」の名所で、シンボルマークにもなっている。

f:id:kimama2016:20180825093913j:plain

こんな感じ?(イメージだが…)

 

f:id:kimama2016:20180820082947j:plain

店にあるのは旧ボトル。

最近はこんなデザイン。

f:id:kimama2016:20180825090032p:plain

今風のデザインで、シンボルマークの鹿が強調されている。

 

海風を受けながら、シェリー樽主体で熟成…

そのあたりが感じられるだろうか?

f:id:kimama2016:20210809172204j:plain

お酒はシェリー樽由来の濃い赤褐色

まず、香りがずっしり重い。蜜ろうのような…

香りだけで酔いそうな気分…。

 

しかし、口に含むと印象は変わる。

砂糖やカラメルを彷彿させる優しい甘み。

オレンジのような果実感もある。

 

加水すると、香りはとてもフルーティに。

味わいも優しくなるが、印象は弱まる。

ストレートがおすすめだが、少量の加水は有りだろう。

 

いずれにせよ、シェリー&潮のニュアンスはイマイチ感じられず。

 

・・・・・

 

「MENUのお酒を紹介しながら、お店でのエピソードなどを綴る」

そんな意図で書き始めたこのブログ。

最近はまったく関係無い小ネタの方がメインになってる(汗)

まぁ、それはそれで良しとしよう。

今後はどこへ向かうのやら。

思いつくまま、気の向くまま、

気ままに綴って行こうと思っている。

 

※このWhiskyも価格の高騰が顕著だ。 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダルモア 12年 40度 箱付 700ml 並行
価格:6655円(税込、送料別) (2022/1/6時点)