K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『貴匠蔵 原酒』アルコール度数37度の蔵出し原酒。

ひとり飲みのお客様と言うと、9割は男性。

女性はほんの僅か。

その数少ない女性のひとりがC嬢。

 

昨夜もひとりでやって来て、カウンターで飲んでいた。

しばらく世間話をしていたが…

この後、知り合いが来るとのこと。

「友達かな?」と思ったら、

最近できた「彼氏」が来る、と言われた。

 

………

別に何も無い。

その方に特別な感情を抱いたことも、下心も無い。

なのに、なぜか悲しくなった。

この感じは何なのだろう?

父親が娘に彼氏を紹介された時の感覚か?

まさか自分の彼女を奪われる気分じゃあるまいし…。

 

不思議な感情に襲われてモヤモヤしている夜は、刺激の強い焼酎を。

f:id:kimama2016:20180801100457j:plain

造るのは、鹿児島県の本坊酒造さん。

創業は1872年で、150年に及ぶ歴史がある。

1960年代から焼酎以外のお酒の製造にも取り組んでいる。

マルスの名で造られる、ウイスキー、ブランデー、ワイン。

その他にも、梅酒、リキュール、ジャパニーズジンまで造っている。

そんな蔵の芋焼酎

今回は加水していない原酒だ。

f:id:kimama2016:20180801100517j:plain

黒麹、常圧蒸留。

アルコール度数は、37度。

 

度数の強さが際立つが、それ以上に味の濃さが稀有の一本。

香りも芋感も強い。

味を構成する色々な要素がそれぞれ強く主張してくる。

 

酒質は重い。

原酒なので旨みも多いが、雑味もあるのだろう。

昔飲んだ芋焼酎って、こんな感じだった気がする。

黒麹でどっしりした、重厚感。

最近流行りの芋焼酎とは、真逆のテイスト。

 

濃いめの水割りで。

まったく崩れない味わい。

水割りでも、その旨みと芋のクセは十分に感じられる。

 

お湯割りで。

なんか懐かしい味わい。

個人的にはとても美味しいが、一般のお客様にはどうかな?

飲み手を選びそうな一本だ。

f:id:kimama2016:20180801100541j:plain

・・・・・

そして、やって来た「彼氏」。

とても気さくで誠実そうな人だった。

ちょっと安心。

 

ん?

これはやっぱり…

「父親」の感情だな。

あぁ、良かった。

ちょっとドキドキしてしまった。

いい年こいて、何言ってんだか…。

 

しかし…

これからはひとりで飲みに来ることはなくなるのかなぁ~。

そう思うと、やっぱりちょっとだけ悲しいナ。