K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『開春 ひやおろし』超辛口を忘れさせる、穏やかな旨みと膨らみ。ひと夏越しの効果か?

K’s MENU Note

島根『開春 純米超辛口 ひやおろし

 

スマホ撮影、日本酒の第4弾。

季節外れじゃないだけマシか…。

f:id:kimama2016:20181001091712j:image

島根県太田市にある「若林酒造」さんが醸すお酒。

原料米は「神の舞」

精米歩合60%。

日本酒度+15の、超辛口純米酒

ひと夏を越したひやおろしとして出荷された一本。

f:id:kimama2016:20181001091731j:plain

f:id:kimama2016:20181001091742j:image

テイスティング

「超辛口」ながら、香りも味も穏やか。

スッキリ端麗系の辛口ではない。

穏やかながら、味に膨らみがある。

後味は切れるというより、じわっ~と広かって、フワッと消えていく感じ。

 

軽く温める。

味の膨らみ、広がりが増して、一層美味しく感じられる。

円やかさ、柔らかさも増す。

じんわりと染み入る甘みがあり、超辛口であることを忘れそうだ。

 

このあたりが「ひと夏を越した」効果なのか?

ひやおろし「秋あがり」なんて言ったりもする。

銘柄は「春が開く」だが。

売買するんじゃなくて良かったが(失礼)

 

酒名は、酒を愛した中国の詩人「陶淵明」の詩の一節に由来するそう。

まったく知らないが、このお酒にあやかって、私の春も開いて欲しいところ。

あ、変な意味ではない。

良いことがあればいいな、って思うだけで…(汗)

f:id:kimama2016:20181001091752j:image

・・・・・

それにしても、未明の台風は凄かった。

50年生きていて「風」に怖さを感じたのは、初めてかも知れない。

家が揺れて、屋根がきしむ。

そんなことは無いのだろうが、

このままだと、家が木っ端みじんに粉砕されてしまうのではないか?

そんな不安を抱かされるような、凄まじい突風だった。

幸い、杞憂に終わったが…。

そして10月1日の今日、台風一過で気温34℃になるらしい。

 

被害にあわれた方に、心よりお見舞い申し上げます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

開春 かいしゅん 純米超辛口 1800ml
価格:2800円(税込、送料別) (2020/5/17時点)