K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『澤乃井(東京)』穏やかな熟成感を味わいたい。

スマホ撮影、季節の日本酒、第7弾!

って、お~い!

いつまでやるんかい!

このシリーズは、これで終わりにしたいが…。 

f:id:kimama2016:20181014153112j:image

造るのは、東京都青梅市「小澤酒造」さん。

使用米は、アケボノ。

精米歩合65%。

日本酒度+1、酸度1.8の純米酒

ひと夏を越した「ひやおろし」。

f:id:kimama2016:20181014153126j:image

冷やして。

微かに熟成香がある。

口に含むと、やはり熟成のテイストが感じられ、舌触りはとても円やか。

しっとりと落ち着いた味わい。

後味はさっぱり。

 

常温で。

熟成感は少し強く感じるようになる。

一段と円やかで、滑らかな舌触りに。

 

軽く温めて。

香りも口当たりも強さを増す。

常温だと円やか過ぎるが、温めた時のちょっとした異質感がいい。

胃壁から体内に染み入る感じが、なんとも言えない。

 

気温がだいぶ下がったからだろうか?

やっぱり「燗」は旨い

そんな季節がやって来た。

この秋冬はどんな日本酒に出会えるのだろうか?

f:id:kimama2016:20181014153135j:image

・・・・・

ところで…

最近、体調があまり良くない。

老化が一段進んだ気が…(汗)

 

最近は…

無理をすると、しばらくしてから身体に異変が起きる。

いわゆる「3日後に筋肉痛」みたいな話しだ。

いや、3日後ならまだ良いほう。

下手をすると、蓄積したものが数ヶ月後に顔を出す。

そして、元の状態に戻るのに、えらく時間がかかる…。

 

・・・・・

 

もうすぐ53歳になる。

「人間50年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」

人生、50年だった時代もあった。

それを考えれば、今の平均寿命は80歳超。

「夢幻の如く、はかないもの」であることに変わりはなくても、まだ時間はある。

もっともっと、色々なお酒と出会いたい。

 

とにかく「無理」は禁物。

「過信」も禁物。

戦国時代なら死んでいてもおかしくない年齢なのだから…。