K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『兼八』麦チョコを彷彿させる香ばしいテイスト。

バーボン好きのT氏。

いつもは一人でやって来るが、その夜は珍しく上司の方と連れ立って来店。

その方は焼酎党らしく、好んで飲んでいたのがこちら。

f:id:kimama2016:20181114003852j:plain

一口に「麦焼酎」と言っても、そのテイストは千差万別。

スッキリ系から濃厚系、芋を凌駕するクセ者系など…

味の幅はかなり広い。

この「兼八」は濃厚系で、麦の風味をストレートに感じる一本。

 

造るのは、大分県四ツ谷酒造

創業は1919年。

以来、代々受け継がれてきた伝統の技で、麦本来の味を引き出している。

使うのは、国産のはだか麦に、はだか麦麹(白)。

常圧蒸留。

f:id:kimama2016:20210530101632j:plain

「はだか麦」

オオムギの一品種で、実と籾が離れやすい。

四国や九州を中心に、食用や家畜の飼料用に栽培されている。

 

そして裏ラベルを見ると

「精歩合65%」の文字。

日本酒の「精米歩合」はよく聞きくが、麦焼酎での表示は見たことがない。

f:id:kimama2016:20181114003926j:plain

ストレートで。

「麦チョコ」を彷彿させる、香ばしい麦の香り。

なんとも深い甘みと、深い味わい。

鼻に抜ける時にも、香ばしい麦の香りが追いかけてくる。

 

とにかく、麦の風味が強い。

素材の味を存分に楽しめる、重厚な一本。

 

水割りで。

とろっとした滑らかな膨らみを、より感じる。

濃厚さ、味の強さは、水割りでも決して失われない。

どこまでも深く吸い込まれていくような旨み。

 

本格焼酎を飲みなれた上級者向けの焼酎だ。

初心者の方、すっきり系が好みの方にはおすすめできない。  

f:id:kimama2016:20181114003946j:plain

・・・・・ 

ここ数年、High Ballが人気だ。

Whiskyが品薄で、価格も高騰している。

 

こんな時こそ、同じ蒸留酒の「本格焼酎を見直すべきではないか?

特に「麦焼酎」は、Whiskyと同じく「麦」が原料。

樽熟成していないだけで、基は大差ないのでは?

(樽熟成している麦焼酎もある)

 

度数が違うとは言え、焼酎の安さは際立つ。

Whiskyは熟成に時間がかかる為、高価なのは当然。

それでも昨今の高騰ぶりは尋常ではない。

 

私が言うのも何だが…

High Ballを飲むなら、本格焼酎の炭酸割りでもいい。

コストパフォーマンス抜群の「本格焼酎」。

ヘルシー、おいしい「本格焼酎」。

 

この機会にいかがだろう。

 

なお当方、焼酎業界とは何の利害関係もない。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

≪麦焼酎≫ 焼酎屋 兼八 1800ml かねはち
価格:2970円(税込、送料別) (2022/4/25時点)