K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『開運(静岡)』能登四天王の技を伝承する静岡の酒。

今年の漢字「災」だった。

自然災害の多かった一年。

来年は平穏な年になるとこを願いつつ…。

 

今回、紹介するのは、

「開運 無濾過 純米 生酒」

f:id:kimama2016:20210606110750j:plain

造るのは、静岡県「土井酒造場」さん。

創業は1874年。

蔵の地元「小貫村」の発展を願って「開運」と名付けられた。

 

この蔵には、かつて能登四天王」と呼ばれた名杜氏

波瀬正吉(はせしょうきち)さんが、41年間在籍していた。

その魂を受け継ぐ若い力が、開運の酒を造り上げる。

 

今回のお酒は…

季節限定、無濾過の純米生酒。

使用米は、山田錦

精米歩合、55%。

アルコール度数は16~17度で、それ以外のスペックは非公開。

f:id:kimama2016:20181218090351j:plain

圧倒的なジューシー感。

絞りたての果実のジュースを飲んでいるよう。

口に含んだ瞬間、濃厚な果実感が支配するが、途中からすーっ、と去って行く。

余韻も残さず、なんとも綺麗な潔い去りかた。

微かな発泡感が爽やかさを演出。

 

濃厚な割には飲んでいて疲れない。

杯を重ねたくなる味わい。

f:id:kimama2016:20181218091405j:plain

・・・・・

このお酒を最初に飲んだM氏。

「運が開くといいなぁ~」と言いながら、ちびちび。

ところがその夜…

ネットサーフィン中に寝落ち。

椅子から転げ落ちて、腰を強打したらしい。

 

1週間経っても痛みが取れないので、病院に行ってみると、

「尾骨が折れてます」

オーマイガー!って言ったかどうかは分からないが…。

痛みに耐えながら、くっつくのを待つしかないとのこと。

 

「開運」の力をもってしても「災」は避けられなのか?

いやいや、来年こそ…

「運」が「開く」ことを期待しよう!