K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ブナハーブン12年』スモーキーフレーバーを抑えたアイラモルト。その味わいは?

K’s MENU Note

『BUNNAHABHAIN』

 

今年も残りわずか。

いよいよ押し迫って来た。

平穏無事に年明けを迎えたいところだが…。

 

ここに来て「市場」が混乱気味。

円高が進んで、株が大暴落

日経平均は2万円を割りそうだし…。

 

ちょこっとだけ持ってる株も年初来安値を更新…。

〇万円ほど含み損に。

さて、どうしたものか…。

 

ナンピンする資金は無いし、狼狽売りするのもどうかと。

地合いの悪さと業績悪化で下げているのだが…、

財務基盤は盤石の会社なので、潰れることはないだろう。

ここは、優待と配当期待で「塩漬け」か!?

まぁ、気長に構えるしかない。

 

しかし、年末に来てこの展開は勘弁してほしいところだが…。

市場関係者にとって平成最後の年末は、ショッキングな展開になりそうだ。

 

・・・・・

 

本題に戻る。

今回はアイラモルト

ブナハーブン12年」旧ボトル。

f:id:kimama2016:20181121073955j:plain

どんなお酒か?

創業は、1881年

アイラ島では比較的新しい蒸留所。

ゲール語「河口」を意味し、島の北東、マーガディル川の河口に位置する。

カティサークフェイマス・グラウスモルト原酒としても使われている。

 

特徴は…、

ほとんどピートを炊かずに造られるので、

アイラモルトながらスモーキーフレーバーが抑えられていること。

「アイラモルトの中では一番飲みやすい」とも言われる。

f:id:kimama2016:20181121074135j:plain

テイスティング。 

濃い褐色が目を引く。

重厚で、蜜ろうを思わせる甘く深い香り。

口当たりは滑らかで、しっとりとした落ち着いた味わい。

口の中で転がしていると、爽やかなフルーツ感が現れる。

 

加水してみる。

フレッシュでフルーティーな香りが立つ。

ぐっと柑橘系の香りが目立ってくる。

 

トラディショナルなスコッチを思わせる味わい。

いわゆる「アイラ感」はないが…。

「飲みやすい」 という感じもない。

 

ボディはミディアム。

個人的には、加水した方がいいと思う。

 

ちなみに現行品はこんな感じ。

f:id:kimama2016:20181221100101p:plain

アルコール度数が、40%から46.3%に変わっている。

エンブレムの船長さんは、旧ボトルの方がカッコいいナ。

f:id:kimama2016:20181121074016j:plain

・・・・・

さて、今日も下げがきつくなっている株式市場。

こんな時は…。

 

ジタバタ するなよ!

平成末が 来るぜ!

 

NAI-NAI-NAI カネがNAI

NAI-NAI-NAI 上がらNAI

NAI-NAI-NAI 下げ止まらNAI

 

…失礼。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【包装不可】 ブナ ハーブン 12年 46.3度 箱付 700ml
価格:4147円(税込、送料別) (2019/9/27時点)