K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『紀州のゆず梅酒』ゆず香る、甘酸っぱい果実酒。

シリーズ「お巡りさんに職質された」

 

小雨の降る、ある日。

例のごとくチャリで店に向かう。

小雨なので傘はささずに手に持って走る。

 

大きな交差点にお巡りさんの姿。

傘さし運転のチャリに注意している様子。

私は滅多に傘さし運転をしないので大丈夫。

スルーして通り過ぎる。

 

しばらくすると後ろから

「すいませ~ん。ちょっとよろしいですか?」

声を掛けられる。

何と、さっきのお巡りさん。

「えっ?わざわざ追いかけて来たんですか?」

「いや、こっちの方向に行く予定だったので。」

「ほんとっスか?そんなに怪しく見えましたかねぇ。」

「そんなことはないですよ。」

 

そんなやり取りをして、防犯登録確認のルーティンワーク。

前回は住所を聞かれたが、今回は無いだろう。

すると

「電話番号、教えてください。」

「えっ?電話番号ですか?」

「ええ」

「いや、個人情報だから言いたくないなぁ。」

「お願いします。」

「はぁ。〇〇-〇〇…」

「確認取れました。お気をつけて。」

「(これって、電話番号、必要か?)」

 

とにもかくにも、それで終了。

お巡りさんは元いた交差点に戻って行くのだった。

やっぱり~(汗)

よっぽど怪しかったんだな。

見えなくなったら、手に持っている傘をさすと思ったんだな。

そんなことはしない。滅多に

 

傘さしチャリは危険なのでやめよう。

 

・・・・・

 

今回は「冬至」にちなんで紀州のゆず梅酒」。

f:id:kimama2016:20180820075100j:plain

f:id:kimama2016:20180820075120j:plain

造るのは中野BC(株)

南高梅で有名な紀州和歌山県にある。

 

その南高梅を漬けた梅酒に、徳島県で生産されたゆず果汁を加えたお酒。

アルコール度数は、12%。

 

試飲。

柑橘系の香り梅酒の香りが混ざる。

ちょっと柑橘が強いかな。

思ったより酸味が強い。

梅酒の甘ったるさは抑えられている。

酸味が強いが梅酒の甘みが支えているので、味に厚みがある。

直に「ゆず」というよりは、サッパリ飲める果実酒といったイメージか。

 

炭酸割りも悪くないが、テイストの印象はだいぶ薄まる

お酒に弱い人意外は、ストレートまたはロックが良さそう。

 

・・・・・

 

こんなに度々職質されるとは、いったいどういうことなのか?

何がお巡りさんをそんな気にさせているのか?

よく分からないが…

ブログネタになるので甘んじて受けるとしよう。

kimama2016.hatenablog.jp

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

中野BC 紀州 ゆず梅酒 1800ml
価格:1878円(税込、送料別) (2022/4/26時点)