K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『上喜元 純米吟醸 八反』濃厚な無濾過生原酒だが、微かな発泡感で軽やかな飲み口に。

K’s MENU Note

FILE 237

山形『上喜元 純米吟醸 八反』

 

ことしもあと4日。

ここまで来れば、もう先は見えました。

仕事納めの今夜が最後のヤマです。

一応30日まで営業しますが、29日以降は「お休みモード」。

飲み屋はのんびり営業になりそうです。

 

そして年明け。

世間では「外食も年末年始は休もう」という空気が広がりつつあります。

www.inshokuten.com

働き方改革が叫ばれる昨今。

そんな中でも特に従業員の待遇改善が望まれる飲食業。

ですので、良い傾向だと思いますよ。

 

なお、ウチの店は新年2日から営業します。

個人店なので、もっと休んでもいいのですが…。

1月は例年、中旬に大きく落ち込むんですよね~。

ならば正月は営業して、中頃で休んだほうが効果的。

 

それで、毎年早めに開店するのですが…、

結局、そのまま休みを取らずに営業する。

そんなパターンを繰り返しています(苦笑)

 

 

まぁ、いいのです。

これが私の生きる道なのです。

わが道を行くのです。

そういうことにしておけば、

これから先も、たぶんイィ感じなのです。

 

…相変わらず前置き長いな~。

早く酒の紹介を。

「上喜元 純米吟醸 八反 無濾過生原酒 生もと」

f:id:kimama2016:20181227084427j:plain

f:id:kimama2016:20181227084501j:plain

どんなお酒か?

造るのは、山形県酒田市「酒田酒造」さん。

使用米の「八反」は、広島県酒造好適米

精米歩合、50%。

日本酒度、+4.0。

「生もと造り」純米吟醸、無濾過生原酒です。

f:id:kimama2016:20181227084831j:plain

テイスティングして見ます。

香りは穏やか。

最近は吟醸香がぷんぷんするようなお酒は見かけませんね。

 

口に含むと、

なんともジューシーでボリュームのある果実感。

だが、重すぎず甘すぎず。

僅かな発泡感が全体をうまくまとめている印象。

後味も軽快。微かに舌に発泡感の余韻が残る。

 

こういうお酒はどんな料理と合うのだろうか?

淡泊な料理では、酒のボリュームに負けてしまう。

かといってあまり濃厚なものも?

 

ふと頭に浮かんだのは「生ハム」

塩味がジャストフィットしそうな予感。

店にあったもので試してみたところ…、

悪くないが、もっと塩度の強い生ハムの方がいい。

店のはちょっとマイルド過ぎました。

f:id:kimama2016:20181227085150j:plain

・・・・・

平成最後の年末商戦もいよいよラスト。

さて、どんなフィナーレを迎えることか?

いい感じで終われたらな~、って思います。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。