K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『サイドカー』ブランデーベースの代表的カクテル。

今回はブランデーベースのカクテル。

【スタンダードな処方】

  • Brandy     30ml
  • Cointreau     15ml
  • Lemon Juice     15ml

シェークしてカクテルグラスに注ぐ。

この比率(2 : 1 : 1)のカクテルは数多く「Sidecarタイプ」なんて呼ばれたりする。

使うのはこちら。

f:id:kimama2016:20190126013820j:plain

ちなみに…

このブログでも何度か登場したBartender上田和夫氏のレシピは…

  • Brandy     40ml
  • Cointreau     10ml
  • Lemon Juice     10ml

よりドライに仕上げるよう、4 : 1 : 1 にアレンジしている。

 

私も「上田レシピ」をベースに作っているが、どうもレモンの酸味が強すぎる。

もともと尖がった味わいのレモン。

甘味と酸味のバランスを考えて

  • Brandy     40ml
  • Cointreau     13ml
  • Lemon Juice     7ml

こんな感じで作っている。

f:id:kimama2016:20190126014218j:plain

表面に細氷と泡?が浮かぶ。

これはカクテルとしてどうなのか?

テイストとしては…

ドライに振っている分、ブランデーの主張が強い

甘酸味のバランスはやや酸味が強い

f:id:kimama2016:20190126014112j:plain

・・・・・

難しいカクテルだと感じる。

ブランデーが単体でもおいしいお酒

それをカクテルにしてさらに高めようとするのだから、それは難儀だ。

それに加えてレモンの尖った酸味。

まろやかな酸味で扱いやすいライムとはかなり異なる。

 

自分の技術では、なかなか納得できるクオリティに達しない。

 

・・・・・

 

なお当方、飲み屋をやっているがBartenderではない。

個人的興味でカクテルを学んでいる。

よって勘違いなどあったらご容赦を。

  

おっと、今日は小ネタもオチも無い。

再度、考えよう!

 

って、ダジャレかっ!