K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『萬歳(愛知)』100年前のお米を復刻したお酒。

このブログで度々登場する常連M氏。

同年代で、互いに老いを感じるお年頃。

よくご馳走してくれるが、酔っぱらってくると妙な会話になる。

 

黒霧島のお湯割りを飲むM氏。

M氏 「赤、下さい。」

私    (お酒をお持ちして)「はい。どうぞ。」

M氏 「何ですか、これ?」

私    「赤霧島のお湯割りですよ。」

M氏 「いや、赤ワインを頼んだんだけど…。」

私    「えっ!?」

 

さて、今回はM氏が好んで飲んでいた日本酒を。

f:id:kimama2016:20190125011606j:plain

造るのは、愛知県岡崎市「丸石醸造さん。

「二兎」という銘柄の方が有名。

 

大正時代に天皇に献上されていた「萬歳米」

一時、栽培が途絶えましたが、愛知県岡崎市で復刻。

その貴重なお米を使った、ごく少量生産のお酒だ。

 

丸石醸造が育んできたものは

「酒と云うものではなく この地が生み出す 自然と人との繋がり」

きれいな水 美味しい空気

全ての環境に 感謝すること

私たちは100年前の米「萬歳」の復活に

その思いを込めて造りあげる。

f:id:kimama2016:20190125011624j:plain

f:id:kimama2016:20190125011643j:plain

冷~常温。

優しい香り。

爽やかな酸味が輪郭を作って、中心には米の旨みと甘みがしっかりある。

雑味が無く、とても円やか。

後味は柔らかく切れる。

 

ぬる燗。

酸の印象は薄れる。

味の厚みが増し、甘みを強く感じるようになる。

 

温。

米の香りや風味がフワッと広がる。

再び酸を感じて、ぬる燗よりはさっぱりした感じ。

 

温度によって色々な変化の楽しめるお酒。

季節的には少し温めて飲みたいところ。

 

・・・・・

 

100年…。

人間には寿命があるけれど…

伝統・文化・歴史は受け継がれるということだ。