K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『山間(やんま)純米吟醸』酒造りに妥協なき四代目が醸す、究極の味わい。

K’s MENU Note

新潟『山間 純米吟醸 仕込み16号 雄町 中取り直詰め原酒』

 

【常連M氏との会話シリーズ】

・・・・・

FX取引をやってるM氏が嘆く。

スマホで為替チャートを見ながら…。

 

M氏「ドルの下げが止まらん。※※が止まらない~♬ って歌いたくなっちゃうよ!」

私   「えっ?『ロマンティックが止まらない』ですか?」

M氏「はぁ?『悲しみが止まらない』だよ。杏里ね。」

私   「あぁ、そっちですか。それにしても…。古いっすね、お互い」

M氏「まったく(爆笑)」

 

一緒にいた28歳のT氏。

頭の上に?マークが…。

・・・・・

 

初老の会話はこんなもんだ(汗)

 

さて今回は、米どころの新潟県で造られる日本酒「山間(やんま)」を紹介する。 

f:id:kimama2016:20190201082431j:plain

どんなお酒か?

造るのは、新潟県上越市にある「新潟第一酒造」さん。

日本有数の豪雪地帯で、大自然に恵まれた山間(やまあい)にある。

 

大正11年(1922年)、亀屋酒造として創業したのが始まり。

昭和38年には近隣の3蔵と合併。

昭和40年にさらに1蔵が参加して「新潟第一酒造」を設立。

 

主力銘柄の「山間」は…、

最も品質の良い「中取り」部分を「直詰め」したお酒。

蔵の四代目、武田良則氏が理想とする「究極の味わい」を追求するブランド。

 

今回のお酒は、

使用米は岡山県産の雄町。

精米歩合55%の、純米吟醸、無濾過生原酒。

f:id:kimama2016:20190201083818j:plain

 

f:id:kimama2016:20190201083910j:plain

テイスティング

爽やかな吟醸香と、穏やかな米の香り。

口に含むと、圧倒的な果実感と、微発泡感に包まれる。

ジューシーで甘みがあり、濃厚な酒質だが、後味にしつこさは無い。

とは言え、無濾過の生原酒。

サクサクとは飲めないし、たくさん飲むのはちょっとしんどい。

なんてったって、初老だからねぇ(苦笑)

f:id:kimama2016:20190201083942j:plain

年をとると色々なことがあるもので…。

心配事や不安も多いのだが。

おいしいお酒を飲んで、笑って過ごせたら何よりである。