K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ささまさむね』200年の歴史を誇る蔵。その若い後継者が造る、笹政宗の新ブランド。

K’s MENU Note

福島『ささまさむね 純米吟醸 雄町』

 

今日はバレンタインデー

本来ならばそれに因んだお酒を紹介したいところ。

甘い系のカクテルとか…。チョコレートリキュールとか…。

 

しかし…。

イマイチそんな気になれない。

今、思うのは…。

 

「バレンタインデーって、要らなくねぇ??」

 

おっと!またまた非難が轟々と聞こえてくるが…。

 

バレンタインに無縁の人たち(私も)の声を代弁して見た。

 

・・・・・

 

なので、当然、甘いカクテルとかの記事は書かない。

男は黙って「日本酒」で!

 

ささまさむね 純米吟醸 雄町

f:id:kimama2016:20190214002632j:plain

造るのは、福島県喜多方市にある「笹政宗酒造」さん。

1818年に創業。200年の節目を迎えた、歴史のある酒蔵。

「ささまさむね」は2014年からスタートした新銘柄。

 

今回のお酒は…

使用米は、岡山県産の赤磐雄町。

精米歩合50%、日本酒度+1、酸度1.5。

火入れの純米吟醸酒

f:id:kimama2016:20190214002728j:plain

テイスティング。 

とっても甘くてジューシー。

鼻に抜ける「米の含み香」が印象に残る。

ボディに厚みがあって、辛さを伴う後味の余韻も長い。

 

飲み疲れする感じではないが…

やっぱり、甘い。

米の旨みを濃縮したジュースのよう。

チョコの代わりになりそうな気もするが…(苦笑)

 

甘みは強いが、全体的にふっくらと円みのあるお酒だと感じた。

f:id:kimama2016:20190214002653j:plain

 ・・・・・

「バレンタインデー」

いい思い出はありませんね。

いわゆる「本命チョコ」(告白を伴うもの)は貰ったことがない。

義理チョコですら、最近はほとんど貰わない。

まぁ、面倒がなくていいのだが。

それでも…。

ちょっと寂しい気もする。

義理チョコでも、貰えれば少しは嬉しい。

 

いや、けっこう嬉しい。

 

それが若い女子なら、なお嬉し。

 

 

だから、

もう、バレンタインは要らない。なんて、言わないよ絶対…。

 

……いや、要らないだろ。