K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ジェントルマン・ジャック』紳士的な?テイスト。

平成ラストの記事になる。

この時代の「お酒の変遷」を自分なりに振り返ってみると…。

 

バブルと共に始まった平成。

程なく弾けて、人々の嗜好は割安な焼酎へ向かう。

スナックなどでも、Whiskyから焼酎へのシフトが起きる。

また、健康にも良いということで、を中心に「焼酎ブーム」が到来。

 

焼酎に代わられたWhiskyは…

全く売れず、瀕死の状態。

このままWhisky文化は無くなる?

そんな懸念さえ抱かされる有様。

 

しかしその後、復権を賭けてサントリーが「角High Ball」を仕掛ける。

これが的中しHigh Ballが巷を席捲。

Whiskyブームが広がり、原酒は品薄状態に…。

 

そして時代を通じてビール類は右肩下がり。

家飲み用でも、缶チューハイなどに押されて苦戦続き…。

 

全体的に見れば、酒離れが進んだ時代なのだろうか。

 

さて、平成の最後はこちらで。

f:id:kimama2016:20190406085504j:plain

ジャックダニエル」と言えば、米国、テネシー州で造られるWhisky。

バーボンと区別してテネシーWhisky」と呼ばれる。

 

生産地(バーボンはケンタッキー州)以外にも違いがある。

それがチャコール・メローイングと呼ばれる製法。

蒸留後、サトウカエデの炭で10日間かけて濾過する。

時間と手間のかかる工程を経ることで、滑らかで円やかな原酒が生まれるのだ。

f:id:kimama2016:20190406085525j:plain

この工程を蒸留直後と瓶詰前に行う。

それが「ジェントルマン・ジャック」

f:id:kimama2016:20190406085551j:plain

通常のジャック【J】と飲み比べ。

 

どちらも香ばしい穀物の香り。

【GJ】の方が、やや強く感じる。

 

味はどちらもジャックだが…。

辛み、香味といった味の主張は【GJ】の方が強い。

 

【J】円やかで優しい味わい。

輪郭がぼやけてじわっと広がる香味。

 

【GJ】輪郭がはっきりして、シャープでクリアな印象。

「紳士」と言う割には、思ったよりも荒々しい。

f:id:kimama2016:20190406085614j:plain

・・・・・ 

世の中には幾多の酒があれど…

全てを飲める訳ではない。

お金にも、健康にも、飲める量にも限りがあるのだから

本当に好きな酒、旨い酒を、適量たしなむ。

そんな紳士な飲み方に憧れる。

 

安酒を雑に飲むのは…

平成と共に卒業しようかな(笑)

 

過去の【J】の記事。 

kimama2016.hatenablog.jp