K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『鯉川 純米酒』米どころの山形県庄内地方で「地元」にこだわる酒造り。今回は定番純米酒。

K’s MENU Note

FILE 280

山形『鯉川 純米酒

 

今日は「こどもの日」

飾るのは「鯉のぼり」

飲む酒は「鯉川

と言うことで??今回は…。

鯉川 純米酒

f:id:kimama2016:20190418085434j:plain

この書体。

なんとも味のある、ステキなラベルですね。

丸々と太った漆黒の鯉が、山形の清流を泳いでいる姿が目に浮かびます。

八王子市在住の書道家、吉沢和子さんの書。

f:id:kimama2016:20190418085456j:plain

どんなお酒か?

造るのは、山形県の米どころ、庄内地方の中心地にある「鯉川酒造」さん。

夏子の酒」で話題になった幻の米「亀の尾」を復活させた酒蔵です。

徹底的に「地元」にこだわるスタイルで、米作りから自分たちで手掛けます。

 

そんな鯉川酒造さんの定番純米酒

f:id:kimama2016:20190418085527j:plain

山形県産の酒米を100%使用。

精米歩合は60%。

日本酒度+7、酸度1.4。

 

テイスティングして見ます。

ほんのり香る吟香。

口に含むと、微かなフルーティーさと米のテイストが広がります。

しっかりとした純米酒という印象。

米の旨みを感じるが、全体的にすっきりしてキレの良いお酒。

 

軽く温めると、米の香りと旨みが一層増します。

酸味もより感じて、つまみが欲しくなりますね。

辛口の純米らしいお酒です。

f:id:kimama2016:20190418085541j:plain

さて、今日はこどもの日。

長かったGWも、明日で終わり。

そろそろブルーになっている方も多いのでは?

個人的には、早く普通の日常に戻って欲しいが(失礼)

 

・・・・・

 

最後に、今日のGⅠレース「NHKマイル」の予想を。

時代は「平成」から「令和」に替わって…、

種牡馬も主役の交代が起きそうな予感がします。

平成を制覇した「ディープインパクト」から「ロードカナロア」へ。

ディープ産駒の1番人気、グランアレグリアから、ロードカナロア産駒に流します。

 

さて、長いGWは間もなく終わるのだが…。

 

長い長い競馬の連敗地獄は…、

いったいいつ終わるのだろうか?…(汗)

 

 過去の鯉川の記事です。

kimama2016.hatenablog.jp

本日もお読み頂き、ありがとうございます。