K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『東洋美人 純米吟醸 大辛口』米の旨みをしっかり感じる大辛口です。

K’s MENU Note

FILE 282

山口『東洋美人 純米吟醸 大辛口』

 

5月も半ばになりました。

相変わらず弱いオリックスですが、希望はドラ7の中川圭太選手。

PL学園東洋大学とエリート路線を歩んだ「最後のPL戦士」。

ケガ人&不調者続出で1軍に昇格。

ここまで15試合に出場、.364、1本塁打、4打点。

ここ2試合はトップバッターに起用され、欠かせない戦力になりつつあります。

 

ドラフト下位での入団ですが、入ってしまえば関係ない。

下剋上のごとく、レギュラーを奪って欲しい。

東洋大学OBのオリファンとして期待しています。

 

今日は無理やり「東洋」繋がりで…。

「東洋美人 純米吟醸 大辛口」

f:id:kimama2016:20190418090015j:plain

どんなお酒か?

造るのは、1921年の創業、山口県萩市にある「澄川酒造場」さん。

社長兼杜氏の澄川宜史氏が生み出す銘柄「東洋美人」

日ロ首脳会談ではプーチン大統領を唸らせた酒として、名を馳せました。

 

その澄川杜氏

「酒は稲をくぐり抜けた水でありたい」と語ります。

 

今回は日本酒度+15の大辛口。

山口県産の山田錦を55%まで磨いた、純米吟醸酒です。

f:id:kimama2016:20190418085915j:plain

テイスティングしてみます。

微かな米の香り。

口に含むと、優しい米の味わいが訪れます。

後味は大辛らしく、スッキリ。

 

大辛口ながら、しっかりと旨みを感じられるタイプ。

辛いだけで薄っぺらいお酒とは一線を画します。

旨いです。

 

軽く温めると、米の甘い香りがふわっと立ち上る。

口に含んでも、米の含み香が心地よい。

味わいは柔らかくなって、あぁ美味しい。

 

大辛口ではありますが、この酒はキレよりも、旨みを求める人に勧めたい。

 

・・・・・

 

シリーズ。常連Mさんとの会話。

マスター 「ドラ7だけど、中川選手に期待してるんですよ」

Mさん  「ドラ7って?」

マスター 「ドラフト7位の下位指名で入団したんです。」

Mさん  「評価が低かった?」

マスター 「そうなんです。」

Mさん  「倍満確定なのにね。」

マスター 「…(絶句)」

 

過去の東洋美人の記事です。 

kimama2016.hatenablog.jp

 

kimama2016.hatenablog.jp

 

本日もお読みいただき、ありがとうございます。