K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ティオ・ペペ』販売額トップを誇る、辛口シェリー酒の代名詞的な存在です。

K’s MENU Note

SHERRY『TIO PEPE』

 

時々仕入れる酒がある。

シェリー酒だ。

 

スペイン産の酒精強化(フォーティファイド)ワイン

醸造過程でアルコール(酒精)を添加し、度数を高めたワイン)

スペイン国内よりは国外での消費が多く、イギリス、オランダなどに多く輸出されている。

日本ではスペインバルなどで見かける程度。

もちろんスーパーなどでは売っていない。

 

原料は白ぶどうのみ。

ソレラシステムという独特の熟成方法で造られる。

 

辛口~極甘口があり、辛口は食前、甘口は食後に飲まれている。

今回紹介するのは、辛口(FINO)シェリーの代表格。

ゴンザレス・ビアス社の「ティオ・ペペ」

f:id:kimama2016:20190523090644j:plain

「ティオ・ペペ」とは「ペペおじさん」の意味。

創業者のおじの名前が由来らしい。

アルコール度数15%。

f:id:kimama2016:20190523090933j:plain

冷やして頂く。

グラスに注ぐと、白ワインより少し黄色がかった色味。

独特な香りがある。

ブドウの香りだが、白ワインとはちょっと違う。

デラウェア?違うかな。

甲州?甲斐路?どうだろう。

f:id:kimama2016:20190523090658j:plain

f:id:kimama2016:20190523090715j:plain

口に含む。

酸味が強く、甘みは全く無い。

香りは独特だが、味はいたってスッキリ、クリア。

食前酒としてはアリだと思う。

全然違う酒だが、イメージは「マティーニ」か?

f:id:kimama2016:20190523090956j:plain

これだけ酸味が強く甘みが無いと、おいしく感じるかは疑問だ。

うまくアレンジして提供したいのだが…。

どこへ行けばたどりつけるのだろうか?

シェリー…。