K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『川中島(長野)』”心の酒造り”がモットーの老舗蔵。

近年、多くのものが機械やAIに置き換えられている。

自動化、省力化が進んで、確かに便利になった。

その反面、人のふれあいや温もりが失われていないだろうか?

培った技術や文化や伝統が、廃れつつあるのではないか?

・・・・・

f:id:kimama2016:20210604044618j:plain

造るのは、長野市川中島町にある「酒千蔵野(しゅせん くらの)」さん。

創業は1540年。長野県で最古の蔵元だ。

杜氏は蔵元の一人娘、千野麻里子氏。

f:id:kimama2016:20190518074903j:plain

f:id:kimama2016:20190518074918j:plain

目指すのは「心の酒造り」

どんなに世の中が便利で効率的になっても、

心の底からうまい酒が、簡単に効率的にできるわけがない、と語る。

 

醸造とは自然の営みであり、簡単に機械に置き換えられるものではない。

そしてその技術は世界に誇れる日本の文化だ。

酒千蔵野は、時間をかけて心で醸す、心で感じる酒にこだわっている。

 

応援したいと感じる蔵の姿だ。

f:id:kimama2016:20190518074930j:plain

今回は、精米59%の特別純米酒

 

冷で口に含む。

第一印象は、とても甘くてジューシーな果実。

その後、驚くほど軽やかに変化する。

透明感があって清らかな清流のようだ。

立ち香は穏やかだが、後から米の芳醇な香りが追いかけてきて、その余韻が残る。

 

軽く温める。

米の香りが立って、ジューシーさが増す。

その印象とは裏腹に、冷よりは味が膨らむが、やはりふわっと軽い。

何の抵抗感もなく、スッと体に入ってくるようだ。

f:id:kimama2016:20190518074943j:plain

自然と一体になる。

自然とともに生きる。

自然の恵みに感謝する。

それが人間の本来あるべき姿。

今の時代、人はもっと謙虚に、もっと慎ましく生きるべきではないか?

大自然の中にあって人はちっぽけな存在であることを、今一度認識すべきではないか? 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

川中島 特別純米酒 [1800ml] [酒千蔵野] [長野]
価格:2596円(税込、送料別) (2022/4/18時点)