K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『武の井 純米吟醸』花酵母で仕込む酒蔵。今回は夏らしく「ヒマワリ酵母仕込み」。

K’s MENU Note

FILE 307

山梨『武の井 純米吟醸 ヒマワリ酵母仕込み』

 

ゴルフの全英女子オープン。

弱冠20歳の渋野日向子選手が優勝した。

2018年にプロテストに合格。

今年5月に日本ツアー初優勝を飾っている。

 

そんなまだ経験も実績も少ない選手が、メジャー大会に初出場で初優勝。

日本人のメジャー大会制覇は、男女通じても1977年の樋口久子さん以来2人目の快挙だ。

凄いとしか言いようがない。

 

今回は「日向子」選手にちなみ、ヒマワリ(向日葵)酵母で仕込んだ日本酒を紹介する。

f:id:kimama2016:20190804084422j:plain

造るのは、山梨県北杜市にある武の井酒造(株)。

つるばら酵母を使った「青煌」ブランドで知られている。

こちらは「ヒマワリ酵母」を使った一本。

新潟産の五百万石を60%精米。

日本酒度は+3~+5の、純米吟醸酒

f:id:kimama2016:20190804084439j:plain

f:id:kimama2016:20190804084458j:plain

独特の甘い香りがある。

口に含むと、若干の苦みとシャープな酸味。

ちょっと山廃仕込みを彷彿させるテイスト。

樽酒のような香りが鼻孔に抜ける。

すっきりドライながら、しっかりした強さも感じるお酒だ。

f:id:kimama2016:20190804084513j:plain

大偉業を達成した渋野選手。

これからのさらなる活躍に期待したい。

しかし若くして大偉業を達成して、逆に難しくなるのではないか。

メンタルスポーツとも言われるゴルフだけに、ちょっと心配な面もある。

 

…が、あの笑顔を見ていると

そんな心配も杞憂に終わりそうだ。